自己愛性人格障害とは性格の一種である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害もサイコパスも

共依存もすべて病気という名の性格の種類

ということについて

お話したいと思います。

 

 

昔は特に病気だと認識されていなかったものが

近年では病名がついて仕訳されてきたので

昔は分かりにくかったことも

今ではずいぶん分かりやすくなっています。

 

自己愛性人格障害も共存も

サイコパスも世間の人は面白がって興味を持ちますが

人間関係で悩んでいる人が

ただ単に分かりやすく病名を付けて

分かりやすくしたものだと思います。

 

 

特に、病気だと言って怖がるものではなく

むしろだれでも何らかの病名に当てはまると思います。

 

何が正常で何が異常だということではなく

人間の個性というものを分かりやすく

種類別に仕分けたものだとTiaraは思っています。

 

いろいろな病名に分けられたことで

分かりやすくなっており

それぞれの個性が大変分かりやすくなっていますので

今まで苦しんでいた人も

本人も

その人と関わる全ての人が

理解できてどういった人には

どういう対応をするべきなのか

分かりやすくなると

大変生きやすくなると思います。

年齢が若いとまっすぐなのと同時に

信じたい気持ちもあり

正義を信じてTiaraの話を受け入れがたい人もいると

思いますが

これがTiaraが今まで逃げずに

真剣に人と向き合ってきたからこそ

分かったもので

若いころは確かに人格障害なんて

受け入れられなかったと思います。

 

でも逃げないかったせいで

今人間の真実が分かるようになり

そんなにいろんなことが怖くなくなりました。

 

苦しんだ分

しっかり身について

周りにいる人の感情や言葉も

ある程度どうしてそうなってしまうのか

分かるようになりました。

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

本当に不幸だと思うのですが

自己愛性人格障害の事を理解できてくるようになると

人間の感情の本質が分かるようになり

意味もなく怒る人がいる、ということに

気づいてくると、自分に原因があったわけじゃないんだと

納得できてくるので

これ以上自尊心を傷つけなくて

済みますし、

自分の感性に自信を持って生きられるようになります。

 

しかも、今までよりも

今まで生きてきた中で、

起きてきた理不尽な出来事にも

納得できますので

自分に自信ができて来るのです。

 

自分に自信ができてくると

いろいろなことを

冷静に判断できるようになりますので

周りの人に分かってもらわなくても

堂々としていられ、しっかりと

地に足をつけて歩いていけるようになります。

 

そして誰かの助けがいらなくなり、

本当に自分と気の合った人とだけ

つながりたいと思うようになりますので

無理して人間関係を続けなくてもいいことに気づきます。

 

自己愛性人格障害のことを知ると

人間関係に

無理をする必要はない、ということに

気づけるようになるでしょう。

 

 

今はまだ、苦しいかもしれませんが、

その特徴が自己愛性人格障害のひとの

感情の流れだと本当に理解できるようになると

仕方のないものだということも

納得できるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください