自己愛性人格障害のひとの攻撃はあなたと周りのひとへの扱いのギャップを見せてあなたを苦しめる


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたと周りのひとへの

対応のギャップを見せて

あなたにショックを与える

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人たちの

お話を聞いていますと

ほかの女性のほうが

彼から大切にされている

という相談が多くあります。

自分が彼女のはずなのに

付き合いだした途端

ほかの女性にはとても親切にするのに

自分にはあまり世話を妬いてくれなくなった、

とか自分とケンカをすると

無視をされ、目も合わせてくれないのに

周りの人にはとても親切にしている

という相談をよく耳にします。

相談される方の性格によって

やきもちを妬く場合もあれば

自分にはあまり親切にしてくれないのに

自分が彼を怒らせたから悪いと

思っている人もいます。

本当はとてもやさしい彼なのに

かまってもらえなくなってしまった、

と罪の意識を感じてしまって悩んだり

自分が彼を怒らせたから悪いのだけれど

彼は本当はとても親切で優しい人なんだ、

と彼自身に対して悪いイメージは持たず

自分ばかりを責めてしまって苦しんでいる人も

お見えになります。

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

責任感が強く、

何でも自分のせいにしてしまう傾向が

あります。

そしてあなたがもし、

彼から冷たくされていて

彼がほかのひとに

ものすごく親切にしているからと言って

あなたが悪いわけではないのです。

あなたが責任感の強い性格だからこそ

気づきにくいのですが

自己愛性人格障害とは

自己責任感が強く

なんでも自分のせいにしてしまいがちな人を

無意識のうちに選びます。

そういった責任感の強いまじめな人でないと

自分がひどいことをされていることに

気づいてしまうので

責任感の強いひとが

自己愛性人格障害のひとから

好まれているだけなのです。

後、何でも自分のせいだと

思い込んでくれるため

こじ付けてあなたを悪者にしたとしても

あなたが

その言葉を真に受け

自分にどの部分が足りないかを

自分の中から探しだそうとしてくれます。

そのため

自己愛性人格障害のひとが

いきなり無視をしだしても

機嫌が悪くなったとしても

彼がそうなってしまったのはなぜかという理由を

自分の行動や言葉から

探し出してしまうのです。

自己愛性人格障害のひとが

あなた以外のひとに

とても親切にしているところを

見かけてしまったとしても

それは彼が

あなたに怒っているから、とか

ケンカさえしていなければ

彼は本当はいい人なんだ、と

いうわけでもありません。

自己愛性人格障害のひとが

あなた以外のひとに親切にしたり

幸せそうにしている、ということは

彼が本当はいい人だから、ということではないのです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたに他人に親切にしているところを見せて

自分が本当はとてもいい人だと

思わせるためです。

もしくはあなたに扱いのギャップを見せて

あなたにショックを与えたいだけなのです。

扱いのギャップを魅せることで

あなたに卑屈になってもらい

自尊心を傷つけることを

目的としています。

そうすることによって

あなたの自尊心を攻撃し、

あなたに自信を無くしてほしいのです。

そうなることによってあなたの行動は制限され

だんだん自分の頭で考えられなくなり

人に依存しやすくなります。

そのことによって

自己愛性人格障害のひとが高揚感を感じて

自分のほうが上だと認識するのです。

そうやって無理やりに

あなたの存在を下に見ることで

どんどんあなたは

自分に自信を無くしていきます。

自分に自信を無くして人を頼ることで

自己愛性人格障害のひとから

離れられなくしていくのです。

そうやって自分の価値を高め

自尊心もあなたよりましだと

思うことにより高揚し

自己愛性人格障害のひとは

自信を持っていきます。

そうやって周りの人を見下しながら

生きることで

自分への価値観を高めていくのです。

そして無意識のうちに自分の存在を高めることで

尊大な自分を堂々と演じることができます。

あなたを潰すことによって

自己愛性人格障害のひとのほうが

比べるとまし、と思うことを繰り返していき

あなたはつぶされていき

そのうち本当に落ちていってしまうのです。

そして落ちぶれた印象を

持たされてしまったあなたは

周りの人に信用されにくくなり

あなたの言うことは

信じてもらいにくくなるのです。

そうなるとあなたに

自己愛性人格障害のひとが

怒りの発散をしても

あなたのほうが悪いと思われるので

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたを攻撃できるようになります。

自己愛性人格障害の人は

自分の中のもやもやを常にぶつけていないと

落ち着いていられないので

まわりのひとから信じてもらいにくい

あなたという存在に

安心して自分の中の怒りをぶつけていけるのです。

自己愛性人格障害のひとは

そうやってあなたと周りに対する

対応の差を見せつけて

あなたの自分への自身を無くさせるようにして

あなたにショックを与えているのです。

さらに周りの人は

自己愛性人格障害のひとが

あなたに冷たくしたり
あなたを無視していることを知ったとしても

その原因はあなたにあると思うため

自己愛性人格障害のひとが悪いとは

だれも思わないのです。

さらにあなたに冷たい自己愛性人格障害のひとが

自分に優しく親切にしてくれることにより

その人も満足感を持っていけるので

余計に自己愛性人格障害のひとに対して

いいイメージを持つのです。

結果自己愛性人格障害のひとが悪いとは

思われにくく

あなたが悪いと思い込むことによって

安心するのです。

だから自己愛性人格障害のひとにも

その周りにいる普通のひとにも

ターゲットという存在が大切になり

誰もあなたのことを助けようとはしなくなるのです。

学校や会社でのいじめも

このような仕組みになっており

ターゲットがいることにより

自己愛性人格障害のひともその周りの人も

安心していられるのです。

あなたの優しさや責任感の強さは

このような感じで利用されており

優しい人や責任感の強い人や

まじめな人が犠牲になりやすい世の中になっているのです。

このことに気づいたとき

Tiaraは

今まで嫌われた存在になっていた離

いじめらてその場にいられなくなった人たちが

本当はどういった扱いを

受けてそうなってしまったのか

よくわかりました。

だから、被害者が悪いわけではないのです。

このことに気づいている人がどれくらいいるのか

気になるようになり

そして今まで取り巻きが
できるような人気のあった人たちが

本当にいい人だったのかに

疑問を持つようになりました。

世の中は

案外逆に見えており

本当のことが分かっている人は

意外に少ないような感じがします。

あなたも被害に遭わないように

本当にいい人と

周りの誰かを犠牲にする

自己愛性人格障害なのかを

見極められるようになります。

そして自己愛性人格障害に人に

利用されないよう

本当の優しさを見抜いていくように

していってください。

いったん本当のことが分かるようになると

あなたが付き合うべき人間と

そうではない人間とが

区別できるようになりますから

あなたは格段に生きやすくなるのです。

自己愛性人格障害のひとにさえ

邪魔をされないようにすれば

あなたも回り道をせず

楽にあなたらしく

生きられるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする