自己愛性人格障害のひとは自分でルールを作っている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

ルールを自分で作っている

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとを

じっくり観察していますと

たまに、ルールを自分で作っているのではないか

と思う時があります。

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くないため

人の感情を想像することができません。

本質的には他人が痛いと思うだろう

とか悲しいと思うだろう

ということは予想がつくのですが

だからと言って知ったことではないのです。

普通の共感力を持っている人というのは

他人の感情を自分のことのように

想像することができて

他人が悲しんでいる姿を見たり

想像したりすると

まるでそれが自分のことのように

痛みを感じたり辛くなってしまいます。

想像できる、というよりは

その瞬間に自分のことのように

感じ取ってしまう、という感じです。

ですが、自己愛性人格障害のひとが

それを感じてしまうと

自分が損をしてしまうように感じ取るため

人のことはどんなに辛い思いをしようとも

まったく関係のないことと

とらえています。

そしてその能力を使うからこそ

他人が苦しんでいるところを見て

自分のほうが優位に立てると高揚して

一瞬だけなのですが

少しだけ、ほっとすることができるのです。

その能力を

もともと自尊心が

低すぎて辛すぎる自分の感情を

少しだけ楽にするために

無意識のうちに習慣化して使っています。

共感力を使ってしまうと

人にひどいことをすることはできないので

他人をつぶして自分を優位に立たせる、

ということができなくなります。

だから幼いころから

共感力を使わないようにする習慣がついている

という感じです。

そしてそのせいで

普通のひととは自分は何かが違う、

ということに

なんとなく気づいているのですが

それに気づいてしまうと

尊大な自分でいたいのに

相手にひどいことをするひどい人間だと

気づいてしまうので

無意識に自分でもそれに

気づかないようにしています。

だからあんなにもひどいことを冷静に淡々と

普通のひとのような顔をして

することができるのです。

自分はどうしても他人よりも

上の立場に立っていないと

気が済まないので

相手が自分の思ったことと違うことをしてくると

そのことにとてもイラつき

自分のほうが正しいと証明しようとします。

そのため相手を否定したいがために

「違うよ?こうじゃないでしょ。」

とどうしても言いたくなってしまうのです。

仕事で今までないような注文が入ったときに

注文書の書き方をどうすればいいか

という話になったことがあったのですが

既定のフォーマットにその台数が入らず

どうやって書いたらいいか

その仕事の担当の先輩に聞いたところ

それは初めてのケースなので

機種番号が連番だから「~」を使って

枠内に収めましょう、という話になりました。

そのあと機種番号を

「No.332~No452」のように書いた注文書を

自己愛性人格障害のリーダーのところに

もっていったのですが

Tiaraが先輩に

聞きに行っていたところを

見ていたリーダーは少し笑いながら

「こうやって書けって言った?」というので

「はい。」と答えると

「違う違う、こんな風に書いたらダメでしょ?

書けないなら枠を2行にしたりして

ちゃんと全部1個1個書かないとダメじゃん?

だってそうでしょ?」

と笑いながらちょっと

小ばかにしたように言いました。

普通人なら(間違えた!)と思い、

「すいません。」と言って書き直すだけでしょうが

Tiaraはこのリーダーが

自己愛性人格障害だと分かっているので

(きた!)と思いました。

注文書の担当の先輩に聞きに行ったことも

もしかしたら

気に入らなかったのかもしれませんし、

先輩の言うことをただ「違う!」と

否定したかっただけなんだなと思いました。

それでも自己愛性人格障害だと分かっていますので

逆らうことは厳禁です。

偉そうにしたが口を出してきた、としか思わないので

「あ、こうやって2行で書けばいいんですね?」と

リーダーの指示がどんな風に書けと言っているのか

詳しく聞いた後

先輩のところに言って

「リーダーがこうしろといったので

これからは2行で書いてください。」

と言いに行きました。

その先輩はとても優しく謙虚な先輩なので

「間違ってました?

どうもすいません。」と笑いながら誤り

tiaraの言う通りこれから書きます、

と言ってくださいました。

そして席まで戻り

隣の席の女の子も注文書の担当なので

またリーダーに言われるといけないと思い

リーダーに言われたことを伝えておきました。

すると女の子は負けん気が強いので

「はあ~?今までもれんばんなら「~」を

使って書いてあったのも見たことあったよ?

別に2行にしなくてもわかればいいじゃん!」と

ちょっとイライラした口調で言いました。

2行で書くルールはおそらくリーダーが

先輩よりも優位に立ちたいために

その場で作ったルールだと思われますが

それでも、自己愛性人格障害なので

今、作った俺様ルールが絶対だと考えています。

正直リーダーは今まで注文書の担当ではありませんし

正直リーダーよりも注文書の担当の人たちのほうが

きちんとルールに基づいていることも

Tiaraはよく知っています。

実際リーダーの抜けもいっぱい見てきましたが

最終確認を今、

うつ状態の30代の男の人にさせているので

自分の抜けにも気づいておらず

30代のひとが時間をかけて

すべて修正しているものと思われます。

それで例えばミスが出てきたとしたら

たとえそれがリーダーのミスだったとしても

「お前に最終確認頼んだだろ?

俺は忙しいからやってられないからお前に頼んだのに

どうしてきちんと修正してないんだ!?」

と言って怒るだけです。

それが分かっているので

その30代のひともわざわざリーダーには

伝えていないでしょう。

自己愛性人格障害のひとは絶対に正しく

ミスは周りの人のせいになるのです。

それが分かっているから

Tiaraも聞かずに

リーダーの言った俺様ルールを

みんなに伝えたのです。

今後リーダーの言った2行ルールで進めていれば

何も言われないですし

もしリーダーが「~」を使って

書いたりすることがあれば

「リーダーがこの前2行で書いて、

と言っていましたけど?」と言えます。

今、女の子のように

「そんなルールじゃなかったよ!」などと

自己愛性人格障害のひとに言ってしまうと

歯向かったとしかとらえられないのです。

このように自己愛性人格障害のひとと

話し合っても意味はありません。

むしろ敵対心を見せてきた、

ととらえられてしまい、今後何かあるたびに

攻撃されるようになってしまいます。

変な話ですが自己愛性人格障害のひとに

逆らわないことは負けではなく

自己愛性人格障害のひとは

そういったものの考え方で

常識などが通じるわけはなく

自分を守るために逆らわないほうがいいのです。

自己愛性人格障害のひとに従うことは

負けを認めることでもなく

どちらが正しいとか

判断することができない人に向けた

対処法なのです。

自己愛性人格障害のひととは

話し合いを正しくするよりも

平和に過ごせることを最優先としましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする