自己愛性人格障害の人は、自分が嫌われることを必要以上に恐れる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分が嫌われることを必要以上に恐れる、

ということについてお話していきたいと思います。

彼とのお付き合いの中で、

彼のことを好きになったということは

彼からの嫌がらせだけでなく、

あなたに対して、彼がいろんなことをしてくれたり、

楽しい時があったからこそ、

あなたも彼のことが好きになったんだと思います。

自分の自尊心を保つために、

常に人よりも優位に立ちたい自己愛性人格障害の人が

どうしてあなたに一生懸命尽くしてくれたのでしょうか?

だましていたから、とか

あなたを手なずけるため、というわけではありません。

自己愛性人格障害の人は、

そうは見えませんが、

心の奥底に傷を抱えていて、人から嫌われることを

ひどく恐れています。

彼が、あなたにいろいろしてくれるのは

あなたが好きだからなのではなく、

1つは、

尊大な自分を見せて、あなたからの称賛が欲しいからです。

そして、

もう1つは

自分が嫌われるのを、めちゃめちゃ恐れていて

他人にめちゃめちゃ親切にしてしまうからです。

そのことについても限度がないのです。

虐待をすることについても限界が分からず

恐ろしいほど嫌がらせを強めてしまう、という

特徴がありますが、

親切に関しても限界なく、

どんどん親切にしてしまうのです。

それが、自己愛性人格障害の人に対して

好印象を持つ理由の1つです。

あなたが好きだから、いろいろとしてくれるのではなく、

嫌われることが異常に怖いのです。

そして、心のどこかで

自分が、キレたときにめちゃめちゃしてしまうことを

なんとなく分かっていて

あなたが、恐怖から逃げ出すことが分かっているので

それを隠しているからです。

自分をよく見せたい自己顕示欲と重なって

素晴らしい人物に見える奇跡が起こります。

それが、

あなたが彼を手放したくない理由の1つです。

彼は自己愛性人格障害という病気のため、

起こる奇跡を、

普通の人はそんな病気があることを知らないので、

自分にこんなにもしてくれる、と彼のことを信用してしまうのです。

ずっとそのままの状態でいられればいいのですが、

なぜかだんだんに

あなたを信用していくごとに

虐待を強めていってしまいます。

自己愛性人格障害の人というのは、

信用していない人間に対して、

自分を信用してもらうために

どんどん親切にしてしまいます。

それによって

相手から絶大な信頼を得ることに味を占めています。

相手が自分のことを好きになることが

なんとなくわかっているのです。

そして関係を深めていった後は、

あなたが自己愛性人格障害の彼から

よほどのことをしても離れていかないと

今度はあなたが、自己愛性人格障害の彼からの

信頼を、無意識に高めていきます。

自己愛性人格障害の人の言う

信頼関係とは

自分が、相手に

どんなにひどいことをしても自分から離れていかない、という自信が

自己愛性人格障害の人の言う

信頼関係なのです。

[ad#co-1]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする