自己愛性人格障害のひとに安心される存在になってはいけない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見て

安心される存在になってはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害かもしれない

と疑っているのだとしたら

あなたは少なからず

理不尽な思いをしたことがあると

思います。

 

彼から見下されたり

性格的に否定されたり

わけもなく無視をされたりしたことが

少なからず数回はしたと思います。

 

 

そして、彼の性格に疑問を持ち

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せたり

ものすごい惹きつけ行為をしますので

彼に惹かれて付き合った人も

多くいることでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分から離れていかないような

安心できる存在に

攻撃を仕掛けるのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

大変に臆病ですので

自分が悪いことをしていると思われたり

嫌われるということに

極端な恐怖心を持っていると

思われますので

自分が安心できる存在や

自分よりも弱いと思っている人間にしか

攻撃はできません。

 

自己愛性人格障害のひとの恋人や妻、

職場の後輩など

絶対に自分よりも下だと思う人たちに

攻撃しても平気なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の症状のため

常に大きな怒りや不安を感じていて

そこに極端な恐怖心を持っています。

 

ですが、それが世間の人たちにばれてしまうと

自分が弱いということに気づかれてしまい

攻撃されると思い込んでいます。

本当は周りの人は

そんなことはしないのですが

自己愛性人格障害のひとは

幼いことにありのままの

自分を認めてもらうことが

できなかったために

常に尊大な自分であろうと必死です。

 

そうしないと自分が価値のない存在だと

思われてしまい

ほっぽりだされてしまうのか

不安でたまらないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

そのことを教えてあげたいのですが

そもそも他人を一切信用していないので

無理だということが分かりました。

 

自己愛性人格障害のひとは

誰も信用していません。

 

自己愛性人格障害のい人は

共感力がないため

人間は信用することができないのですが

お金、その人の肩書、知識、頭脳、など

明確に示すものに対してしか

信頼ができないのです。

 

自分の彼女や奥様に対しては

どんなに拒否しても

生活費を出していたり、相手が自分のことを

強烈に好きだった場合のみ

信頼することができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

信頼を勝ち取るまでに

あなたは自己愛性人格障害のひとから

いろいろな試し行為をされているので

そこでどんなに厳しいことを言われても

自己愛性人各障害のひとから

離れていかなかった場合

信頼関係が増していきます。

 

あなたがもし今も

自己愛性人格障害のひとの

そばにいるのだとしたら

あなたは自己愛性人格障害のひとから

かなり信頼されていることでしょう。

 

ですが、普通の人と違って

自己愛性人格障害のひとからの信頼は

あなたに何をしてもいいという承認を

いただいています。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとからの信頼とは

あなたには何をしてもいい、

という承認なのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

好かれてはいけないのです。

 

彼が恋人だった場合は

別れるのが嫌で

「何とか彼とうまくいくよう

アドバイスをしてください。」

とおっしゃる方も大勢おみえになりますが

自己愛性人格障害のひとと

「うまくいく」といううことは

あなたが何をされてもいい、

という関係性です。

 

それを望むのでしたら

それは権限の自由ですから

いってみてもいいと思います。

 

ですが、自己愛性人価格障害のひとの

信頼を得てしまいますと

あなたへの攻撃は

とどまることがありませんから

自己愛性人格障害の人からは

あまり好かれないほうがいいでしょう。

 

かといって敵対心を向けたとしても

今度は狙われる、という可能性もありますので

自己愛性人格障害のひとからは

好かれても、嫌われても、

いけないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください