自己愛性人格障害のひとにみんなの前で怒られたときの対処の仕方

こんにちは♡

今日は、大勢の前で怒られる、

もしくはディスられたときの

対応の仕方について

お話ししたいと思います。

 

彼のモラハラ行為が進んでくると

よく大勢の前で、恥をかかされたり、

怒られたりして、

あなたの評判を落とそうとする

行為が見られる時があります。

 

そんな時は、恥ずかしかったり腹が立ったり、

もやもやした悔しい気持ちが

残ったりしますよね。

 

でも、そんなときに一番してはいけない行為は

顔を赤くして恥ずかしがったり

急に元気がなくなってしゅんとしたり、

言い訳をしたり怒ったりすることです。

 

こうすることによって

周りから見たあなたの評判が

彼の言うとおりになってしまったり

彼がさらに

虐待を強めてくる原因になってしまいますので

こんな時も、下を向いて目を合わせず、

あぁ、と聞き流してください。

 

彼はさらに続けて

怒ってきたりするかもしれませんが、

あなたは下を向いて、あぁ、とだけ

納得したように返事を、繰り返してください。

 

納得したように返事を繰り返しているので、

彼もだんだんそれ以上は言いにくくなります。

 

それでも彼も頑張って

何とかあなたを

傷つけようとしてくるかもしれませんが、

繰り返し、反省したような、気の抜けたような

聞いてるのか聞いていないのか、

でも納得しているのか分からないような返事を繰り返して

他には何も言わないでください。

そうすると、気づく人には、

彼の攻撃性や彼の人を軽く扱うところが

浮き彫りになります。

 

自己愛性人格障害という病気により

彼はどうしても、あなたに勝ちたくなり

そうなってしまうので

止めようと思っても止めることができません。

 

彼はそうすることしかできないのです。

 

それにあなたが反応してしまうと

あなたが辛くなるだけですし、

あなたが反応することによって

あなたの評判まで

彼の言うとおりになってしまいますので

大勢の前で言われたときこそ

チャンスだと思い、

あなたは、彼に

あまり反応を示さないでください。

 

でも、敵対心を見せてしまうと

さらに攻撃されることになってしまいますので

悔しくて怒ったり泣いたり

しゅんとしてしまってもよくありません。

 

あなたの大好きな彼に

みんなの前でこんなことをされると

悔しかったり辛かったりすると思いますが

彼は、自己愛性人格障害という病気なので

止めることができないのです。

 

あなたがこういった反応をすることにより

彼はだんだんあなたに攻撃がしにくくなり、

攻撃してもあなたの反応が薄いと

彼も攻撃をし続けていることに

疲れてきてしまい

攻撃しにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

一番してはいけないことは、

敏感に反応してしまい、傷つくことです。

 

彼は、あなたを傷つけることによって

自分の自尊心を上げていますので

あなたが傷ついてはいけないのです。

 

そして傷つくこともないのです。

 

自己愛性人格障害という病気は

あなたが特に何もしていなくても

そうせざるを得ない心の病気で

治すことができません。

 

悲しいですが、

それは仕方のないことなんです。

 

彼の言うことに

あなたが傷つく必要はないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください