自己愛性人格障害のひとの一貫性について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

一貫性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

お話をしていると

話しが食い違って

イライラすることが多いかと思いますが

そこでイライラしてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

そもそも話が通じないことがほとんどで

誠心誠意話をすればするほど

揚げ足をとられ、話がしにくくなります。

 

また、自己愛性人格障害のひとと

言葉を交わすということは

解決に導くということは

まずできないうえに

自己愛性人格障害のひとから

あなたを攻撃する材料を

与えてしまうことになります。

 

だから、自己愛性人格障害のひととは

あまり会話を交わさないほうが

いいのです。

 

あなたが彼に

分かってもらおうとすればするほど

あなたの意見は全く通じることはなく

また、あなたにも

自己愛性人格障害のひとが

言っていることが

分からなくなります。

正論というものが全く通じず、

以前言ったことも本人も

忘れてしまっていることも多いので

話しに全く一貫性はありません。

 

どんなに責任感の強いことを言っても

どんなにもっともらしい事を言っても

その話に一貫性はありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

ただ単に

あなたを攻撃するためだけに

話をしているだけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

ただもっともらしいことを言うだけのために

あらゆる理由を使い

あなたをもっともらしく

悪者にしようとしているだけで

その話に正当性は全くありません。

 

そして、自己愛性人格障害のひとが

あなたを責めることに

理由はありません。

 

あなたが悪い理由は

あなたの方にはまったくないのです。

 

正義感の強い人やまじめな人ほど

混乱すると思いますが

それでは自己愛性人格障害のひとの

思うつぼなのです。

 

自己愛性人格障害のひとの機嫌によって

尊大な自分を魅せつけたいときは

優しく面倒を見てくれることもありますが

機嫌の悪い時や

特に今日は攻撃してやろう、

と思っているときは

あなたがどれだけ具体的な話をしても

まったく通じないのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとと話していて

不快に感じるようなときは

言葉をできるだけ

交わさないようにすることです。

 

そして、できるだけ間を開けて

自己愛性人格障害のひとと関わらないようにし

あなたが攻撃される材料を減らすために

言葉の数を減らしていくのです。

 

もし、あなたが

自己愛性人格障害のひとの言うことに

納得のできないことがあるとしても

その時はスルーしてください。

 

そのほうがあなたも少しでも楽になりますし

そもそも、自己愛性人格障害の人は

解決するために話をしておらず

むしろあなたを攻撃するためだけに

会話をしているので

言葉を交わしても意味がないのです。

 

そこで熱くなってしまうと

あなたが疲れるだけです。

 

疲れてイライラしてしまうと

あなたは自分のせいでもないのに

その時間を自己愛性人格障害のひとのために

無駄にイライラしてしまうだけなのです。

 

自己愛性人格障害とは

精神的な病気だということを

よく理解していただき

あなたは自分を守るために

自己愛性人格障害のひとと

関わる時間をできるだけ減らしてください。

 

自己愛性人格障害のひとのために

悩むことは無意味です。

 

自己愛性人格障害のひとは

善悪の区別もできておらず

ただ、あなたよりも優位に立つためだけに

毎日を過ごしているだけなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください