自己愛性人格障害のひとのひとを追い込むパワーは相当なもの


こんばんは♡

昨日は、

サイトがネット上から消えてしまい

たくさんの読者の方から

サイトが見られないとのお知らせをいただき

まことにご迷惑をおかけしました。

 

Tiara 公式LINE@の

ご登録の読者様には

サイトが見られなくなっている旨を

お知らせすることができましたが

登録いただいていない読者様には

サイトが見られないことで

大変ご心配をおかけしましたことを

お詫びいたします。

 

無事、復帰できましたので

ほっとしているところですが

今後はこのようなことがないよう

努めてまいりたいと思います。

 

さて今日は、自己愛性人格障害の

パワーは相当なものということについて

お話ししたいと思います。

 

今回サイトが見られなくなったことで

過去の恋愛相談室ご利用のお客様や

久しぶりにラインをいただいたお客様と

お話しすることができ、大変懐かしい思いや

うれしかった面もありました。

 

ほとんどの相談者様が

もう自己愛性人格障害の彼から

すっかり離れて

元気になっている方のほうが

多いのですが、

ごく1部ですが、過去のこととはいえ

いまだに傷の癒えない方や

まだ自己愛性人格障害の彼と

お付き合いをされている方も

本当にごく少数お見えになりました。

自己愛性人格障害とは

一時は良くなったように見えるものですが

長い目で見ると

必ずまた以前よりも

ひどいことになっていくのが普通です。

 

ごくまれにもう以前のような

理不尽な別れや

浮気、ののしりや存在否定などは

なくなったという方が見えるのですが

本当に幸せになる例はごくまれで

その場合、その彼は

自己愛性人格障害ではなかった可能性が

高いと思われます。

 

Tiaraのサイトをご覧になっているあなたは

勘違いで彼を

自己愛性人格障害だと判断することは

まずないと思いますので

また豹変する可能性を

心の中に準備として

常に持っておいたほうが

いいと思います。

 

 

ほとんどの方の相談は幸せな時も

豹変するときも

自己愛性人格障害の

特徴を思わせるものばかりですので

本当に信じ切ってしまうと

あなた自身がとても辛くなってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害とは

もしその彼が本当に

自己愛性人格障害だった場合、

治るということはほとんどありませんので

心の準備が必要となります。

 

とはいえ、あなたの大好きな彼ですので

Tiaraの言葉だけをうのみにして

大切な彼と前もって別れてしまうことは

あなたもできないと思いますので

平和なうちはそのまま

平和に過ごしていても大丈夫だと思います。

 

 

ですが次の豹変したときには

おそらくあなたも

彼が自己愛性人格障害だということに

確実に納得することができると思いますので

その時は納得できずに別れるよりは

気持ちがすっきりすると思います。

 

だからあなたが彼といたいと思う時は

彼と一緒にいることしかできないでしょう。

 

誰かに言われたからと言って

そんな簡単に離れられるはずがありません。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

粘着質が非常に強いので

普通の淡白な男のひとよりは

信じられてしまうのも

無理はないと思います。

 

変な話ですが、

普通の淡白な男のひとといるよりも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるほうが

ドキドキしてしまうのです。

 

ですが、それは危険な毒の香りがしますので

いつでも離れられる心の準備をしておかないと

あなたが相当きつい思いをするでしょう。

自己愛性人格障害の彼と

一緒にいるときのドキドキは

ドーパミン効果

 

 

自己愛性人格障害の

彼と一緒にいるときの

ドキドキの理由を説明します。

 

自己愛性人格障害のひとは

態度が突然豹変しますよね?

 

あなたも自己愛性人格障害の彼と

長年いっしょにいるのでしたら

分かると思うのですが、

さっきまで笑っていたかと思うと

急に冷たい無表情になったり

怒っているのかな?と思うと

急に笑顔で話しかけてきたりして

びっくりすることがあります。

 

これが、自己愛性人格障害の

大きな特徴なのですが

本人は無意識にあなたを混乱させたり

脅したりすることで

マインドコントロールしようと

しているだけなので

本当に怒ったり機嫌が悪いわけでは

ないこともあります。

 

これが普通のひとにはない感情なので

普通のひとは

自己愛性人格障害のひとに

違和感を覚えたり

なんとなく怖いと感じたりするのです。

 

人は正体不明なものに

恐怖心をいだくものですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとにはない感情をいだくので

普通の人から見たら

正体不明でなんとなく恐怖心を

いだくのです。

 

そしてなんとなく彼のことを

怖いと感じるのに

急に優しくされたり

親切にされたりすると

ほっとする気持ちと同時に

自己愛性人格障害のひとに

興味がわいたり気持ちいいとか

心地よいと感じてしまうのです。

 

これを交互に繰り返されることによって

あなたの脳の中からは

ドーパミンが大量に分泌されてしまうので

自己愛性人格障害のひとから

なかなか離れられなくなる

原因になってしまうのです。

 

そしてこのドーパミン効果を

上手く使って

あなたをコントロールすることが

可能になるのが

自己愛性人格障害のひとですが

それによってあなたは

自分が不快だと感じる感情も

辛いと感じる感情も

同時にドーパミンが分泌されてしまい

非常に危険な状態となるのです。

 

あなた自身がそれを麻薬のように欲してしまい

本当は辛くても悲しくても

何も言えなくなり

あなたは我慢するのが当たり前で

彼はどんどん自由になっていくのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

相手を眺めることで

満足して高揚感を感じますので

あなたが彼から離れられなくなった

彼から捨てられると

一番つらい状況になるまで

あなたを離したりしません。

 

そしてあなたが

彼から離れられないくらい

彼の依存症になったときに

一番あなたがショックを受ける形で

あなたを捨てるのです。

 

だから自己愛性人格障害の被害者は

何年も苦しみ、その間は

自己愛性人格障害のひとの

ことばかりを考えてしまうので

あなたの可能性も才能も

全部潰してしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼に

捨てられたあなたは

その時にはもう自分で自分の面倒を

見ることさえできなくなっているのです。

 

 

ここまで想像して

自己愛性人格障害の彼と付き合い

それでも何もなかった時は

彼はおそらく

自己愛性人格障害ではなかったのでしょう。

 

ですが、

もし彼が自己愛性人格障害だった場合

治ることはほとんどなく

しかも歳をとるごとに

ひどくなっていきますので

若い時よりもどんどん相手を

追い込んでしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとに

追い込まれると本当に苦しいので

もし、追い込まれて苦しいと

感じ始めた場合は

できるだけ全速力で

逃げる方法を考えておいたほうが

良いのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください