自己愛性人格障害のひとを刺激してはいけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

自分がなんとなくおかしいことに

気づいている

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとも

ある程度の年齢を重ねてくると

だんだんと自分が

何かほかのひとと違うことに

気づいてきます。

自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしている、と

認めることも辛いので

自分の中で全力で打ち消そうとしていますので

無意識のうちに

自分が起こしたトラブルもすべて

原因は自分ではない他者にある、

と思い込みますが

本当は心のどこかで気づいているのです。

Tiaraの元彼も

自分で自分が何かほかのひととは

違うことに気づいていました。

そして、自分が、

それでも人から認めてもらうことを

求めていて

それでも嫌われそうになると

自分から急激に離れていってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

驚くほど敏感でとても繊細で

傷つきやすいです。

だから

自己愛性人格障害のひと自身が

相手に対して

とてもひどいことをしていたとしても

なんとなくそのはかなげな印象が

人々に伝わってしまい

優しい人や共感力の高い人からは

可愛そうな人に映ってしまうのです。

自己愛性人格障害とは

とても不思議な症状で

その臆病なメンタルのために

極端に人から嫌われることを

怖がるので、

自分が悪い人に見えないよう

いい人に見えるよう

常に全力で努力しています。

だからもし、ひどいことを言って

相手が瞬間に気づきそうになると

周りのひとや

その本人に全力で

いい人になろうとしますので

自己愛性人格障害の特徴が

分かっていない人から見ると

非常に分かりにくくなってしまうのです。

たとえば

あなたをおとしめるようなことを

言ったとして

周りにいる人がそれに気づいたとします。

自己愛性人格障害のひとが

あなたをおとしめようとしていることに

周りの人が気づき

軽蔑して冷たい態度をとったとします。

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることにはひどく敏感ですから

瞬時に気づいてその瞬間から

優しくしたり、親切にしたりして

その人のご機嫌を取り始めるのです。

Tiaraは今は自己愛性人格障害のひとの

特徴がとてもよくわかるので

すぐに気づきます。

するとTiaraにめちゃめちゃ親切にしてくれたり

Tiaraに有益な情報を教えてくれたり

Tiaraの前ではいい人で

あり続けようとします。

極端に親切にしているところや

優しくしているところを

Tiaraの視界に入るところでしていることも

よくあります。

Tiaraが自己愛性人格障害のひとを

信用しなければ

Tiaraに親切にすることに徹し

もしTiaraが

自己愛性人格障害のひとを

信用したそぶりを少しでも見せれば

今度は仲間に入れようと

その人のことを

悪く思うようなことを言い始めます。

そこでTiaraが信用してしまうと

ターゲットがいかにひどい人で

人に迷惑をかけているかの話をしだしますが、

Tiaraがターゲットの話を信用しないと

それ以上ターゲットのことを悪く言うことも

やめて

Tiaraに親切にすることだけを

数年単位に渡り、やり続けるのです。

こうやって周りの人を

調節しながら自分の味方に引き入れるか

もしくは嫌われないように

極端にいい人を演じるかの

どちらかをして自分の信用を

得ようとします。

周りの人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめることに

協力的ではない人には

ターゲットのことをおとしめる言動はせず

ただ、自分がいい人に思われるような

行動をし続けるだけなのです。

だから、自己愛性人格障害のひとが

親切にしているところを見ても

今のTiaraには

自分をよく見せているだけだと

気付きます。

ですが、自己愛性人格障害のひとも

その病気の症状のため

そうやって自分を上げて

人をつぶし続けていないと

不安で仕方ないのです。

だから自己愛性人格障害のひとを軽蔑したり

特別な目で見ないようにして

自分や周りの人間が被害を受けない様にして

身と心を守ることだけに徹して

自己愛性人格障害のひとを

刺激しないようにしてください。

そして、あなたもあなたの心と身を

守ることに敏感になり

そして自己愛性人格障害のひととは

距離を持って接するように

気をつけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする