自己愛性人格障害の彼は、別れた後もずっとあなたの心を束縛し続けている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

別れても

本当はまだずっと

あなたのことを束縛し続けている

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害の

相談にのっていて

いつも思うことなのですが、

被害者の人は、

別れてもまだほんとうは

自己愛性人格障害の彼のことを

好きだと思います。

本気で好きだったのに

あまりにも理不尽な目にあわされて

納得ができないため

納得すれば自己愛性人格障害の彼のことを

忘れられる、と思っていますが

あまりにも強烈な経験のため

長い間、忘れることはできないと思います。

ただ、幸いなことに

人間は忘れる生き物で

どんなに素敵な思い出も

逆にひどい思いも

時間とともにだんだんと

薄れていくようになっています。

その中で、自己愛性人格障害の被害や

そのほかの理不尽な目にあわされたという経験は

類を見ないほど

引きずられてしまうと思います。

よく自己愛性人格障害の人は

被害者のことを重い

と思っているようですが、

これだけ理不尽な目にあわされれば

誰だってそうなると思います。

むしろ思いを大切にしてきたからこそ

納得できないで引きずられているだけで

これが自己愛性人格障害の被害でなかったら

あなたもそんなに長くは

引きずらないと思います。

昔、Tiaraの友達で

何年も元彼のことを

忘れることができず、

周りの子から迷惑がられていたり

あきれられていた女の子がいましたが、

その子はむしろそのあとは

普通のひとよりもめちゃくちゃ

さっぱりあっさりとしています。

今考えたら、

その女の子が重かったのではなく

その時の彼女の彼氏が

自己愛性人格障害だったのではないか

と思います。

自己愛瀬人格障害のひとは

何人も女の人がいることも

珍しくないのですが

その子の彼も

何人も女の人がいた、

ということを聞いています。

ただの女好きなのかと思っていましたが

彼女の引きずり方を見ると

相手がおそらく

自己愛性人格障害だったのでしょう。

そして、よく被害者が一方的に

自己愛性人格障害の彼を思っているように

思われることもあるのですが

必ず、自己愛性人格障害の彼が

彼女の心を引っ張るような行動を

しています。

なぜあんなにも惹きつけ行為を行うのか?

という質問も

驚くほど多いのですが、

それが、自己愛性人格障害のひとの特徴となります。

よく粘着質を持つ、と言われていますが、

恋愛においても、

またお説教や嫌がらせに対しても

何度でもしつこく長く

何回もひっきりなしに行います。

それは、被害者を追い込むことを

やめることができないからなのです。

恋愛においては

特に将来を考えた大切なお付き合いほど

彼からのしつこい連絡や愛の言葉は

女の子が

「こんなにも私のことを

思ってくれる人はいない」と

思うほどにやってくるので

そんな彼を離したくないと思ってしまうのですが、

そのうえで突き放し行為を行うので

女の子の自尊心はズタズタに

切り裂かれてしまいます。

あまりの理不尽な彼の言葉に

どうしても納得がいかないのも

当然のことだと思いますし、

それで、もういいや、と思えるほどのひとなら

彼が自己愛性人格障害だとしても

被害に遭うことはないでしょう。

それだけの惹きつけ行為をされれば、

嫌がらせと違って

女の子から逃げていくことは

ありえません。

嫌がらせはむしろ女の子が

彼からどうしても離れたくない、

と思うようになってから

行います。

それも、彼の魅力を魅せつけながら

やらないと

ただの嫌がらせだけなら

とっくに逃げていくと思いますので

当然ながら

自己愛性人格障害の彼は

強烈な惹きつけ行為と嫌がらせを

交互に、あるいは同時に行うのです。

まじめな人ほど

パニックになるのは当然のことでしょう。

それを、

自分が惹きつけ行為を

していることだけを隠し

迷惑を感じていると

自己愛性人格障害のひとが言えば

それは嘘だと考えて間違いはないでしょう。

あなたが

自己愛性人格障害の彼を

なかなか忘れることができないからくりは

ここに隠されているのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする