自己愛性人格障害のひとは常に自分のほうが上だと確認していなければ生きていけない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ものの見方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴が

分かるようになると

普通の人よりも

自己愛性人格障害のひとの行動が

より分かるようになります。

 

 

自己愛性人格障害とは

ある一定の規則をもった考え方を

しているので

普通の人には

そんなものの考え方をした人がいるなんて

想像もできないことなので

初めは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのかまったく予想がつかず

とても不安になると思います。

 

何を考えているのか

まったく分からない、というよりは

そんなことを考えているはずがないと

思うような考え方をしているので

むしろ何もしていないように見え

それなのに、あなたの状況は

どんどん悪くなるので

本当に自分が悪いのかと思ってしまい

とても不安になったり

罪悪感に苦しんだりしてしまいます。

 

 

自分が何かしたのかと思ってしまい

あなたが何か迷惑な存在のような

気がしますが

それは、自己愛性人格障害のひとに

そう見せかけられているだけですので

あなたは実際になにかしたわけでは

ありません。

 

ですが、何もしていないはずのあなたが

おとしめられていったり

周りからみじめな存在に

見られたりしてしまうので

あなたは自分の価値のなさに

自分で自分に罪悪感を持ってしまい

また周りの人からも

そう見られてしまうのです。

 

一度、自己愛性人格障害の特徴が

分かるようになった人はみんな

それを自己愛性人格障害のひとが

コントロールしているとすぐに気づきますし

自己愛性人格障害のひとが

行動していることが

誰かをみじめな存在にするために

やっているとすぐに気づきます。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

他人から称賛されていないと

生きていけませんので

人気者であることがとても多いのですが

それも自己愛性人格障害のひと本人が

それを見せかけていることにも気づきますし

それを周りの優しい人たちみんなで

協力して自己愛性人格障害のひとを

ほめたたえていることにも気づきます。

 

気づくととても異様な光景なのです。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとは

自分が称賛を浴びる人物になると

同時に誰かをおとしめて

みじめな存在になるように

自分で故意にしているのですが

誰かと話をしているとき

周りのひとからとても感じのいいように

話すことが得意ですし、

その中で

1人だけまったく相手にしない人を

作ります。

 

それもその人は

普通の人よりも優しすぎるくらい優しくて

自分が何かひどいことをされても

それを訴えることもせず、

わざわざ周りの人に言うことも

できない人が多いです。

 

とても臆病な自己愛性人格障害のひとも

そんな特別にいい人には

安心してそんなひどいことをすることが

できるからです。

 

 

普通の人やちょっと強い人、

おかしいと思うことは

はっきりと口に出して

周りのひとにうったえることができる

強い人に

そんなことをしてしまったら

自分がひどいことをしていると

ばれてしまいます。

 

だから、本当に弱い人や

優しすぎるほど優しくて

自分が少々ひどいことをされても

感じ悪くならないよう

冗談で受け流してあげることのできる

思いやり深い人や

寛大な人は特に気をつけてください。

 

日本の教育は

そんな他人を思いやれる優しい人になれと

教育していながら

自己愛性人格障害のひとに

とても都合の良い世の中を

作ってしまったのです。

 

だから素直に育ってきた人や

他人の気持ちに

すぐに寄り添ってしまうような

共依存の人、

自分の気持ちを押し殺してでも

周りの雰囲気を良くしようと

我慢してしまうような人は

本当に良くターゲットになっています。

 

 

そしてそんな思いやり深い優しい人こそが

自己愛性人格障害の人たちから

安心して悪者にされ

そして自分自身ですら

自分を助けられなく

なってしまっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

いくら楽しそうに会話をしていても

それは誰かが見ていて

みじめな思いをしていないと

楽しそうに会話をしない、と

Tiaraはすぐに分かります。

 

男尊女卑の自己愛性人格障害のひとや

女性から(私を見捨てないで)と

すがってほしい

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを好きな人がいるときほど

ほかの女性と仲良くしたりします。

 

Tiaraは幸い

ほかに女性がいる職場ではなかったので

そういったことはありませんでしたが

それは物質的に無理だっただけのことで

もし女性がいれば

そういったこともあったと思います。

 

逆にそういった男性は

Tiaraは大嫌いなので

そのほうが早く気づけたかもしれませんが

もし物質的に無理だとしたら

別の方法で傷つけてきたりします。

 

たとえば、周りが男性ばかりだったとしても

自己愛性人格障害のひとが

恋人ではない場合でも

よくある自己愛性人格障害のひとの

出来事ですが

周りの人には情報が伝わっているのに

ターゲットになった人にだけ

情報が入ってこない、

というものがあります。

 

 

もしくは自分以外の人とは

仲良くやっているというところを

職場で直接見たり

SNSの写真に

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしていた

という話もとてもよく聞きます。

 

ですが、これはターゲットが

みじめな思いをするからという予測の元

行われている行為で

ターゲットが見ていないところでは

ほかの女性たちと楽しそうに

パーティをしている

ということもしないでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

楽しく話をしているときでさえ、

他人からどう見られているかを

意識して話しています。

 

話している内容よりもむしろ

メインは他人から

どう見られているかです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動はすべて

自分がしたいからしているわけではなく

ターゲットの気持ちを

みじめにするためにのみ

楽しくパーティをしたり

あなた以外の他の人たちと

楽しく過ごしたりしているのでしょう。

 

とにかく人のみじめな姿を常に見続けて

自分のほうが上だと

確認し続けていなければ

自尊心のなさに

押しつぶされてしまいそうで怖いのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひと自身も

本当に楽しんでいるから

しているわけではないので

後から自分でもむなしくなるのです。

 

現在、Tiaraの周りには

自己愛性人格障害のひとは

ほとんどいません。

 

たまに見かけることはあっても

Tiaraは現在、

人間関係を徹底的に選んで

作っているので

自己愛性人格障害のひとは

徹底的に避けて自分のそばにいないようにします。

 

そうすることで何事も起こらず

Tiaraは自分から何かするようなことがないので

当然、普通の日常が過ぎていき

おとしめられることもなにので

トラブルも何も起きません。

 

被害者になるような人は

周りから見え方をコントロールされているだけで

本来自分から何もすることはなく

本当はめったに怒ったりしないので

驚くほど穏やかなのです。

 

だから被害者になるような人は

自己愛性人格障害のひとに狙われやすい体質をしていますが

そばに自己愛性人格障害の人さえいなければ

トラブルが起こることはほとんどないのです。

 

だから徹底して

自己愛性人格障害のひとの

そばにいないことを選んでいるのですが

だからこそ、

周りには本当に普通の人しか

いないのですが

その空気は

自己愛性人格障害のひとが

周りにいるときとは

まったく違っていて

自然で穏やかです。

 

普通の人の中にも目立ちたがり屋、

という人たちもいますので

服装が派手だったり

外見にこだわる人もいますし、

おしゃべりがうまい人も好きな人もいるので

にぎやかで人が集まることも多いのですが

本当に自然で

本当に楽しそうにやっています。

 

 

誰も

人から良くみられるために

人気者であるように

見せかけている人なんていないので

本当に穏やかで楽しそうなのです。

 

人気者の人は

天然で本当に人気があり、

本人も周りの人に対して

思いやりもありますし、

時には失敗することもあります。

 

自己愛性人格障害のひとも

親近感を持ってもらうために

たまにわざと失敗したり

間違えたようなことを言って

おどけたりしますが

普通の人と明らかに違い

周りの人に安心感を持ってもらうためにあえて

自分の失敗を笑いにします。

 

ですが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの

決定的な違いは

自分を信じて近づいてきた人を攻撃すると

Tiaraにはすぐに分かりますし、

Tiaraのサイトを訪れてくれる人の中にも

「すぐに分かりますよね?」と

コメントをくださる方も

大勢見えます。

 

自己愛性人格障害に気づいた人は

たいてい分かるようになるのです。

 

Tiaraに近づいてくる人は

自己愛性人格障害ではないので

本当にTiaraと仲良くしたいだけで

近づいてくるだけです。

 

不自然に良くしてくれたり

不自然に自分のことを

良く見せようということはありません。

 

本当にごく自然に仲良くなりたいだけで

親切にしてくれたり

お土産をくれたりします。

 

ちゃんと思っていることは

表情に出ていますので

恥ずかしいこともうれしいことも

腹が立つことも機嫌が悪いことも

本当に自然に表情に出し、

それが人をコントロールしようとして

やっていることではないと分かります。

 

やっと普通の世界に戻ってきた感じです。

 

人間関係が

上手くいく人もいかない人もいますが

それがごく自然に出ていて

みんな自分が話したいから話す、

話したいけど話せないから黙っている、

興味がないから話さない、

興味があるから近づいてくると

本当に自然なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットをみじめな気持ちにさせるために

パーティをしますが、

普通の人は自分がパーティをしたいから

パーティをします。

 

Tiaraの周りの方が

今度野球を5人くらいで観戦に行くのですが

それを楽しそう話している人や

一緒に行きたいから

「誘ってくださいよ~」と言って

仲間に入れてもらおうとする人もいます。

 

自己愛性人格障害なんていないから

みんなが自然に話しても

嫌な思いをする人が誰もいないのです。

 

 

その時はチケットが一枚余っていたようで

「一枚あるから一緒に行く?」と

その場でチケットを

売ってもらっていましたが

なければ「じゃ、次行くとき声かけるわ!」と

裏がないので

チケットが欲しい人も自然に言えるのです。

 

 

もし、誘ってもらえなかったらどうしよう?

なんて考える人もいませんし、

一緒に行く人をねたんで嫌がらせをする人も

いないでしょう。

 

「チケットあってよかったね!」

と一緒に行かない人も

仲良くやっているその人たちを

嬉しそうに見ています。

 

これが、普通の人と

自己愛性人格障害のひとの違いで

自己愛性人格障害なんて知らない人は

この感覚で話すので

もし、周りに

自己愛性人格障害のひとがいたら

この人は簡単にターゲットに

なってしまうでしょう。

 

ですが、そんな人がいない世界では

自己愛性人格障害のような

ものの考え方をする人がいるなんて

思いもしないのです。

 

周りに自己愛性人格障害のひとがいたら

あなたは努力すれば努力するほど

おとしめられていきます。

 

そこにいては

危ないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください