自己愛性人格障害の人はあなたを上げることも下げることも自由自在である

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

あなたを上げることも下げることも

自由自在である、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さにより

尊大な自分に魅せることについて

驚くほどの労力を使っており

普通の人よりも

とても素敵に見える方が多いです。

ただ、地味な印象を与える方でも

しばらくすると

自己愛性人格障害の症状が

出てくる人もいるので

一概には言えませんが、

Tiaraがみた自己愛性人格障害の人も

相談室を訪れる方のお相手の

自己愛性人格障害の方も

驚くほど魅力的な方が多いのは事実です。

自己愛性人格障害の人は

周りのものすべてを使って

自分の魅力を引き出す材料として使い

饒舌にさりげなく

自分の魅力を説明し、

そして自分を称賛してくれる人を

集めます。

逆に自分のことをよく思わない人は

寄せ付けないのです。

自己愛性人格障害とは

完全に本人の思い込みですが

自分には価値がないと思っていて

そのことが

世間の人にわかってしまうと

生きていけないと思っています。

だからどうしても自分を

必死で大きく見せないと

いけませんし、

どちらかというと話し方は

上から目線の方が多いです。

今までそんなに深くは

考えたことがなかったのですが

上から目線で話をされると

冷たい印象も与えますが

不思議とその人のほうが

立場が上のようにも思えてきます。

そして、

自己愛性人格障害の人を知るまでは

Tiaraはどちらかというと

人を立てる話し方をしていたと

思います。

もともと結婚していましたし、

専業主婦を長い間していたので

仕事をしだしたときは

年齢は上でも周りの人は

すべて先輩で

仕事を教えてもらわなければ

なりません。

そして、今も

派遣ですので数年たつとすぐに

別のところへ移動になり

また先輩から

教えてもらうことになります。

なので常に後輩のような話し方が

板についていて

子供の学校のママ友も

年上の方が多かったので

自然に後輩口調です。

きちんといろいろなことを

教えてもらうためには

礼儀が大事だと考えすぎていて

慣れてきても

何となく相手を立てる癖が

ついていました。

その姿が、

自己愛性人格障害の人からしたら

ターゲット認識されやすいところ

だったのかもしれません。

あとは、

あなたもそうかもしれませんが

だれを見ても意外と簡単に

称賛するタイプでした。

けっこう若いころに結婚していて

家にいることが多かったっため

外に出てきちんと働いたことが

ほとんどなく

働きだしたばかりのTiaraにとって

みんなすごい人ばかりに思えました。

実際に称賛することで

相手も喜んで話してくれるし

関係性もうまくことも多かったので

楽しくいろんな人を

すごいすごいと称賛しながら

楽しくいろいろな人と

交流をしていました。

完全に初めから

上下関係が出来上がっている

ポジショニングです。

自己愛性人格障害は

このように称賛してくれる人を

求めます。

自分を称賛してくれる人がいると

自分の価値が上がるからです。

Tiaraはそんなこと思われているとは

夢にも思いませんでした。

そして、自己愛性人格障害のひとを

称賛してくれているうちは

そのひとを自分のそばにおき

大事にしてくれたり

可愛がったりします。

そして自己愛性人格障害のひとと

一緒にいると彼の得意なことを

いっぱい魅せつけてくれるので

被害者のひとも

いろいろな経験ができて

いろいろな学びがあるでしょう。

自己愛性人格障害のひとは

やはりなんとなく周りに

一目おかれていることが多いので

その人に可愛がられていると

多少周りのひとに

特別な目で見られることが多いです。

自己愛性人格障害のひとに

目をかけられているので

有望にみえる、とか

同じようにレベルアップして

いかれるかたも結構いて

自己愛性人格障害のひとから

学ぶことはとても多いです。

被害者のひとも

はじめのうちは彼によって

株が上がっていることが多いです。

カップルの場合も

彼に大事にされているように見え、

周りから羨ましがられることも

多いです。

ですが、少しでも彼に逆らったり

彼が新しいターゲットを見つけたり

付き合いが長くなり、あなたが

彼からどんなことがあっても

離れない雰囲気を感じ取った場合、

たんだんと

ターゲット認識されていきます。

すると

自己愛性人格障害のひとの都合で

あなたは

だんだん孤立させられていくのです。

知らない間にあなたは居場所を奪われ

その場にいられなくなります。

自己愛性人格障害のひとの

都合によって

あなたを上げることも下げることも

自由自在なのです。

世の中、人間関係で悩んでいる人が

これだけ多い中、

自己愛性人格障害の都合で

どうとでもコントロールできるのは

すごい能力だと思います。

もしかしたら

普通のひとには

罪悪感があったり

相手を思いやる気持ちがあったり、

人のために尽くす気持ちがあるから

できないのかもしれません。

そーいったものを全部取っ払って

すべて自分のためだけに

動けるひとには

周りをコントロールすることさえ

できるのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする