自己愛性人格障害のひとは自分を正当化するためにそばにいる人を悪者にする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

近くにいる人を悪者にする、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの

そばにいてはいけません。

 

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そばにいる人を悪者にするからです。

 

そばにいる人を悪者にすることで

自分をきれいに魅せています。

 

だから、もし

あなたが彼のことを素敵な人だと思っていて

彼のそばにいたいと思うのなら

彼のそばに誰か悪者がいて

その人のために彼が苦しんでいるように見えたり

彼が純粋な人に見えたりしていませんか?

 

もしくは、彼が誰かのために

自分が必死で動いていることを

あなたに会アピールしてきて

そのことによって彼が魅力的に見えたり

していませんか?

 

たとえば、彼が別れた元カノと縁が切れなくて

でもそれは自分はとっくに元カノのことを

何とも思っていないんだけど

彼女のほうが自分のことを忘れられないがために

ほっておくことができず

心配だから元カノの心が

完全に自分から離れてくれるまで待っていて、

あなたのもとに必ず行くから

とあなたに期待を持たせている場合も

元カノが本当に何ともなくなるまで

彼と付き合ってはいけません。

 

そういった場合

自己愛性人格障害のひとのやり方として

元カノのほうにも同じようなことを言って

あなたのことをあなたが彼を

一方的に追っかけているように

言っている可能性があります。

そしてそうやって自己愛性人格障害のひとは

自分が悪くない状態だと見せかけておいて

2人の女の子を使って

2人を同時に苦しめています。

 

その時の状況により

より自分に惹かれてくれているほうを

悪者にしておく可能性があります。

 

あなたがもし

自分のことのほうを

彼が思っていてくれている、

と思っている場合も

両方に同じように見せているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの恋愛の目的は

いかに自分に強烈に引寄せるかに

かかっています。

 

そしてより自分のことを信頼してくれるほうを

より自分のことを愛してくれるほうを

より我慢強いほうを

より純粋なほうを

より他のひとではダメなほうを

精神的に虐待する特徴があります。

 

だからあなたに愛してもらうために

愛を語り、全力であなたを守り

全力であなたを愛してくれる代わりに

全力で悪者にし、

全力で拒否をして

全力で置き去りにしていくのです。

 

いわばプラス方向とマイナス方向へ

同時に引っ張る感じ。。。

 

あなたの心はやがて引き裂かれて

愛されているのか

拒否されているのか分からなくなり

正常ではいられなくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたを混乱させることなのです。

やがてあなたは自分では

自分が傷つけられていることに気付けなくなり

彼にどれだけひどいことをされても

彼から離れたくなくなります。

 

その恐怖は

心臓が止まるほどで

そのころには

あなたはきっと周りの

だれからも相手にされなくなっている

でしょう。

 

 

そしてあなたは

あなたがひどいことをされても仕方のない人、

と思われるようになり、

誰からも手を差し伸べて

もらえなくなっているかもしれません。

 

もし、あなたが

それで命を絶つようなことが会っても

誰もあなたを期に止めなくなり

やがては忘れ去られていきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

それくらいしないと

自分のほうが上だと

認めることができないので

人をつぶし続けては

メンタルを持たせ続けているのです。

 

それくらい自己愛が

本当は驚くほどなくて

恐怖に怯えているのです。

 

 

年数がたてばたつほど

年齢を重ねれば重ねるほど

ひどくなりますので

どれだけ素敵に見えても

それはあなたの心を自分に

向かせるためにしていることで

本当の愛ではありません。

 

ですが、あなたには

今までで一番あなたを

大切にしてくれた人に見えるでしょう。

 

その怖さを知る前に

逃げ足だけは早く鍛えておいてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください