自己愛性人格障害のひとの対処法 実践

こんばんは♡

みなさんからたくさんの

ご相談を受けていますが、

メール相談の方でお返事が

まだの方はもうしばらくお待ちください。

本当に心配な方も多く

Tiaraは皆さんを助けたいのですが、

昼間は会社員をしていますので

なかなか時間が取れません。

そろそろTiara1人では限界に

近づいてきていますので

お手伝いをしてくれる方が欲しいのですが

自己愛性人格障害の対応について

詳しく知っている方が

なかなかみえないので

まだ一人で続けていくことになりそうです。

本当は小さな会社を立ち上げたいのですが

まだまだそこまでは

時間がかかりそうです。

できるだけ早く

お返事いたしますので

もうしばらくお待ちくださいね。

さて、今日は、

自己愛性人格障害のひとは

本当はなにもしていない人を

悪者にして

騒ぎ立てることで

自分のおなかの怒りを

消化しようとしている

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraは、

自己愛性人格障害の問題に気づいてから

本当はそんなに悪者は

いないんじゃないかと思っています。

よく学校や職場で

問題のある人について

噂話を聞いたことがあると思いますが、

その問題のある人だと

思われている人の中には

半分は本当は何もしていない人が

含まれているんじゃないかなと思います。

そしていじめや

パワハラの問題については

ほとんどがこの自己愛性人格障害の

問題ではないかと思います。

ここのところ、

記事にしている会社の女の子のことですが、

昨日はブログをお休みしてしまったので

気になった方も大勢いたようなので

お話ししますと

Tiaraがモラハラ対策をして

ほとんど一言も話をしません。

本当に1日に1言2言

隣の席のとてもやさしい男性に

ふざけた感じで話をすることはあるのですが

ほぼ無言で不気味な雰囲気を

醸し出しています。

そして、彼女は

もともと声が低くて静かな声なので

なにを言っているのか

ほとんど聞こえないのですが

Tiaraの味方をすると

この男性に嫌がらせをすると思います。

この男性は、

近いうちにこの女性のことが怖くなって

Tiaraと口をほとんど聞かなくなると思います。

すると、さらに彼女の異常性は

周りの人に伝わっていくと思います。

彼の様子を見ながら

あまり怖くなる前に

種明かしをしないと

この頑張り屋の優しい彼は

自己愛性人格障害のひとの

取り巻き、または

攻撃の対象となってしまうと思います。

おそらくこの男性はもうすでに

Tiaraの言うことが

分かるようになっていると思いますよ。

Tiaraはできるだけ普通にしていますが

ほとんど仕事に集中しているので

Tiaraもほとんど無言です。

Tiaraは特に何もしていません。

ただ、彼女と話をしないだけです。

もちろん彼女から話しかけてくるようなことがあれば

このままのテンションで

彼女の話に返答をするくらいです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

極度の負けず嫌いのため

声をかけてくることはほとんどないでしょう。

ですのでTiaraも一切彼女には

声をかけていません。

この雰囲気に

気を使っている人もいますので

少しでも和ませようと

仕事の話をするときは

普通に話をするのですが

Tiaraも彼女への対策として

ほぼしゃべりません。

ですが彼女も無視をしていて

Tiaraも無視をしているので

周りの人から見たら

何もしていないので

分かりにくいと思います。

Tiaraの席の付近のひとしか気づきません。

自己愛性人格障害のひとに

一番してはいけない反応は、

堪えたり、辛そうな顔をしたり

彼らにこびたりすることですが、

それらをしなくても

普通に話をしているだけでも

あなたの言葉尻から

いくらでも攻撃する材料を

探し出します。

あなたに悪気がないことでも

どれだけでもこじつけて

彼女が怒ったことにされてしまいますので

できるだけ言葉は

発しないほうがいいのです。

それと自己愛性人格障害のひとに

どれだけ嫌われても怒られても

絶対にへこたれない気持ちを持っていないと

どれだけでも攻撃に遭ってしまいます。

要は、被害を受けるも受けないも

あなた次第なのです。

たとえば自己愛性人格障害のひとは

どれだけでもこじつけて

悪者にすることができますので

もし、周りに純粋な人だったり

まじめな人がいて

たとえばあなたの仕事が遅かった場合、

あなたが仕事が遅いことで迷惑をかけられたと

周りに愚痴ったり

あなたに直接怒ってくることが

あるでしょう。

納期が決まっていて

それを過ぎてもできていないときなどは

怒られてもしょうがないのですが、

充分に納期に間に合ったり、

特に納期がない時でも

自己愛性人格障害のひとが

この人に嫌がらせをしようと思ったら

いくらでも責め立てることが

できるのです。

「もう少し早くやってくれると

助かるんだけどな。」

初めはこんな毒のない言い方を

するかもしれません。

こんな時、あなたが元気に

「はい!」と返事をし、張り切って

できるだけこの人を楽にさせてあげよう、

もしくはこの人を喜ばせてあげようと

無理して頑張ってしまった場合は

普通の人と自己愛性人格障害のひとで

反応が違います。

普通の人は

素直に喜んでくれて

「おお、ありがとうな。」というだけで、

少なくともあなたに好感を持ちます。

自己愛性人格障害のひとも

喜ぶには喜ぶのですが、

あなたに信頼を持ったことによって

(じゃ次はもっとこいつに

無理難題をやらせてみよう)

と勢いを強めてきます。

そして

あなたがまた無理をして

自己愛性人格障害のひとを喜ばせようと思って

張り切って少々無理をしてでも

早く仕上げてきたとします。

それでも、

(頑張ったけど、これ

昨日ほしかったな。。)

などとため息を

つかれてしまうかもしれません。

あなたは初めに喜んでくれた

自己愛性人格障害のひとを

今度こそ喜ばせようと

もっと必死で頑張ばったとします。

本当はまだ全然納期に間に合うとしても

自己愛性人格障害は

あなたの書類を見て

がっかりします。

「せっかく頑張って

仕上げてくれたみたいだけど

これでは使い物にならないよ。」と

がっかりと肩を落としてしまうかも

しれません。

相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたはどれだけ努力をしたとしても

失敗したととられてしまうのです。

ここで普通の人は

自己愛性人格障害のひとの

反応がおかしいことに気づくのですが

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

わけもわからず、

自分が悪いと思い込み

勝手に反省をしてまたさらに

無理を続けてしまうのです。

それを繰り返しているうちに

あなたが何度も根性を出して

頑張ってしまうと

自己愛性人格障害のひとは

ほとんどの場合、

がっかりが怒りに変わります。

「お前、何回言ったら分かるんだ。

俺がどれだけそのあと

大変な思いをしているのか

分からないのか!」

あなたがとてもまじめで

優しい性格であればあるほど

どんどん努力してしまい、

彼を怒らせないように必死になるのです。

つまり、本当は

とてもまじめで自己愛性人格障害のひとを

喜ばせようと

必死で尽くして自分のことをかえりみず、

一生懸命努力してきた人が

ものすごく怒られていたり

悪者にされていたりするのです。

被害者の人が

卑屈になったり鬱になったり

辛い思いをして何とか身の潔白を

うったえようと

何度もしている人ほど

悪者にされている可能性があります。

そしてそうなってしまった人たちを

うっとおしい、

とか

自分は悪くないようなことを言っている、

と思ってしまう世間の人たちも

大勢いるのです。

いうなれば冤罪を着せられ

さらに、はじかれている

というわけです。

ですが自己愛性人格障害のひとは

あなたがどれだけ努力をしても

必ずあなたを怒り、

しかも怒りはどんどん増していき

あなたの顔を見れば

何もしていなくても機嫌が悪くなったり、

怒鳴ったり、がっかりしたりします。

周りの人も見て

あなたが悪いと思い込む人もいますが

ふたを開けてみれば

あなたが悪いことも怒られるようなことも

そもそも納期などというものは

存在しないか、もしくはまだまだずっと

先だったりするのです。

それでも

あなた自信でさえも

自分が悪いと思い、

どんどん自分に自信を無くしていき

彼を怒らせたことを

反省してくるしくなると思いますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたを優しく扱うどころか

あなたをどんどん叱られても仕方のない人

ということにしてしまいます。

自己愛性人格障害に人は

自分の中の怒りをみんなの前で

堂々と非難しても

怒られても仕方のない人物を作り出します。

そうすると

自分の中の怒りを

あなたで発散させても

誰も何も言わなくなるからです。

ちょっとかわいそうだな、と思っても

助け船を出す人なんて

誰もいません。

確かめもせずに

あ~あ、と思い込んで

みているだけなのです。

そして容赦なく

自己愛性人格障害のひとは

堂々と

自分が正しいかのように

被害者を叩きのめします。

それを見て

むしろ自分じゃなくてよかったと

思い込む人もおみえになります。

あなたが自己愛性人格障害のひとの

被害から逃れるためには

必死になって努力することではありません。

自己愛性人格障害のやっていることを

見抜いて

あなたに原因のないことなら

頑張ってしまわないことです。

納期はまだですよね?

もし早く終わらせたいのなら

私は手が空いていないので

もっと時間のある人に頼んでください、

と言ってみてください。

などと言って

頑張らない方向で動いてみてください。

自己愛性人格障害のひとが頼みにくい

雰囲気を作ってください。

初めは文句を言われるかもしれませんが

どうしても手伝えない正当な理由を作っていえば

自己愛性人格障害のひとは

そもそも嫌がらせをしたいだけなので

あなたが嫌がらせを受けなければ

だんだんつまらなくなってくるのです。

Tiaraは今、自己愛性人格障害だと

思われる女性の

あまりにつじつまの合わない怒りから

女性を否定している体を取っています。

相手もとことん拒否や

無視をしてくる方なので

むしろTiaraのほうも

ガン無視しやすいです。

その時に周りの人に

本当はしたくないんだけど

どうしてもガン無視しなければいけない理由を

周りの人に伝えておくと

なおさら安心です。

周りの人は

状況を知らないと思っているので

周りに分からないように

あなただけに分かるように嫌味を言って

冗談のように笑っている場合もありますが

それもはじめから周りの方に伝えておくと

彼女があなたを脅していることも

周りの人も気づいてしまうのです。

自己愛性人格障害被害に遭うような人は

あなたが周りにそういったことを

言えない人、と思っているので

なおさら周りの人に

自己愛性人格障害のひとに

分からないところで

伝えておきましょう。

すると自己愛性人格障害のひとは

どんどん自分から

自分の正体をばらしてくれます。

どんどん彼女の異常ぶりに

気づいていくのです。

すると自己愛性人格障害のひとの言うことを

みんながおかしいと思いだすので

自己愛性人格障害のひとが

やりにくくなります。

こうやって対処をしないと

そこまで普通やらないでしょ?

と思うようなことを

自己愛性人格障害のひとは

しだすので

絶対に勝てません。

普通ではやらないと思うようなことも

自己愛性人格障害のひとには

準備をしておいたほうが良いでしょう。

彼女は誰とも口を利かず、

一人で黙々とやっています。

Tiaraが彼女が

自己愛性人格障害だとは気づかずに

「黙っているほうが楽だよ。」と

アドバイスしたことを

守っているのかもしれません。

ですがもし彼女が

自己愛性人格障害でなければ

それでもいいのですが、

自己愛性人格障害だった場合は

誰かに嫌がらせをしていないと苦しくなるので

やがてはターゲットが欲しくなります。

誰にも攻撃できない中で

平静を装っていると

自己愛性人格障害のひとは

本当は心穏やかではないので

おなかの中の怒りはやがて

パンパンにたまっていきます。

Tiaraは様子を見がてら

知らんふりをしていますので

彼女の隣の男性が

怯えてきたり苦しんでいる様子が

見えてきたら

できるだけ早く

答えを教えてあげようと思っています。

今の彼女がどこまで我慢できるか

見て言ってみようと思っています。

ちなみにTiaraは敵対心を向けておらず

彼女とは彼女から話しかけてこない限り

いっさい話さなくても構いませんが、

そこにも自己愛性人格障害のひとは

勝ち負けを気にしますので、

彼女も自分からは話しかけて

こないかもしれません。

その時は必ず違うターゲットが

必要となるでしょう。

彼女は恋人もおらず、

両親ともなぜか縁を切っていて

1人暮らしです。

おなかの中の怒りをぶつける場所は

会社しかないと思うのですが、

今のところ静かにしています。

彼女がもし

自己愛性人格障害でなかったら

このまま状況は

沈静化していくと思います。

彼女が自己愛性人格障害かどうか

判断するためにも

もうしばらく彼女の様子を

見守りたいと思います。

心配してくださる方も

お見えになりますが

Tiaraは全く普通に

ほかの方と業務を続けていますので

安心してください。

Tiaraは何もしていません。

ただ、仕事に夢中になって

周りの人たちと平和的に

過ごしているだけです。

ただ、常に彼女の様子には

さりげなく

目を見張っています。

自己愛性人格障害のひとの対応に

スキルを磨く

絶好のチャンスだと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする