自己愛性人格障害のひとの判断方法について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分の不安定な内面を

すべてあなたのせいにして

外でいい人でいるために

あなたを利用する、

ということについて

お話ししたいと思います。

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害ではないかと

疑っているとしたら

次のことに注意して

彼のことを見てみてください。

・あなたより、周りのひとに

優しくしていないか。

・肝心なことは、

あなたに話してくれるけど

日常の細かいことは

教えてくれないと感じる。

・なぜかあなただけ、のけ者にされている

と感じる。

・あなたが知らなかった彼の情報を

周りの人の方が知っていると

感じることがある。

・あなたとの約束が、いつの間にか

なかったことになっている。

・あなたと二人きりのときは

とても優しいひとですが、

他のひとに、

とても厳しくしているところを

見たことがある。

・もしくは周りのひとには

とても厳しくしているところを

何度も見かけたことがある

・機嫌のいいときはとても優しいが

あなたがなにもしていないのに

突然の無視をされることがある。

上記のようなことが見られたときに

あなたの彼は

自己愛性人格障害の可能性が

高くなります。

上記に書いてあるようなことを思う人は

世間一般には「被害妄想のひと」

ととられることが多いのですが、

本当にそんなことをする人間も確かにいるのです。

ですが、日本のつつましやかな

昔の常識を信じていると

これに気づくことができず

本来、攻撃されてはいけないような優しい人たちが

同情されることもなく

徹底的に悪者にされることにより

自己愛性人格障害のひとが

きれいに見えるのです。

そして、自己愛性人格障害のひとも

あなたを憎くて

そんなことをしているわけではなく

自分をきれいに魅せて

世の中のひとから好かれたり

尊敬してもらうことに必死なだけなのです。

そしてもし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたがいくら彼のことを

自分のことを

とても大切にしてくれるひとに

見えたとしても

実は、彼は

自分のメンタルを安定させるために

あなたを利用しているだけだったり

するのです。

あなたが自分のことを

大切にしてくれていると感じるような

言葉をかけてくれたり、心配をしてくれたり

「あなたの味方だから信用してね」

というようにドラマさながらの

とても紳士的で信用できる男を

演じていたとしても

それは、あなたから好かれたいがための

言葉でしかなく

あなたのことを

本当に愛してくれているわけではありません。

ですが、あなたも彼も

本当にあなたのことを愛している

と思い込んでいます。

だから恋愛関係が

成り立ってしまうのです。

ですが、本当の中身は

あなたの弱さやさみしさを利用して

彼の中にもともと持っている怒りを

いろんな理由をつけてあなたのせいにして

ぶつけたり、

あなたから愛されたり尊敬されることにより

自尊心を安定させているだけなのです。

たとえば、彼がイライラしている様子に

気づいて

あなたが彼に「どうしたの?」と

聞いてみますが

「あなたのその言い方が僕を傷つけたんだ。」

と言ったり

「あなたが俺の気持ちに

気づいてくれないから。」

など具体的なことを言いません。

ですが、責任感の強いあなたは

なんとなく自分の言い方や

行動が悪かったのかな?と

そう思い込んでしまうような言い方をします。

ですがそこには、

本当に根拠があるわけではなく

いかにももっともらしく

どんな小さな原因からも

あなたのせいにして

こじ付けてあなたを悪者にするのが

とてもうまいのです。

そのうえ、あなたを責め立てたり

罵声を浴びせるなど

分かりやすいやり方をしないことが多いので

自己愛性人格障害のひとが悪い人には

あなたから見てもみえません。

自己愛性人格障害のひとは

その病気の特徴として

ほかの部分は普通に大人になっているのですが

共感力をつかさどる部分が止まってしまい

子供のままなのです。

ですので、普通のひとよりも

純粋な人に見えたりするので

たとえ人を

傷つけたりするようなことがあっても

本当は悪い人じゃないんだ、

という風に見えたりするので

得な体質を持っていると言えます。

だからあなたも気づきにくいのです。

どんなに自分が傷ついていても

責任感の強いあなたは

彼のことを分かってあげようとしてしまい

どうしても憎むことができずに

苦しんでしまいます。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの罪悪感を利用して

本当にあなたが悪いように見せかけて

自分が被害者だと見えるように

話すのがとても上手なのです。

そして、周りの人には

あなたのことをこんなにも思っているのに

分かってもらえないんだ、

など同情されるような言い方をするのがうまいので

周りの人からもあなたのほうが

反感をかってしまったりするのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分を信頼してくれたり

尊敬してくれたり

愛してくれたりする人を

安心してつぶして悪者にして

自分がのし上がります。

そして、あなたが

本当はひどいことを

されていることに気づき

世の中に訴えかけても

分かってもらえないことが多く

ほとんどの人に

自己愛性人格障害のひとの考え方が見えないのです。

だから自己愛性人格障害のひとの被害に

遭ってしまうと

傷つけられるだけでなく

その場にいられなくなってしまうことが多いのです。

職場やそのコミュニティで

生きていけなくなってやめると

また1から仕事や関係を始めなくてはならなくなり

どんどん落ちていく人が本当に多いです。

このような自己愛性人格障害に早く気づいて

脱退し、

できるだけ若いうちに次の居場所を探さないと

あなたはだんだん再生不可能に

なってしまうかもしれません。

自己愛性人格障害に被害からは

自分から抜けることができないと

どんどん次の可能性が狭まれていくのです。

恋愛だけでなく

職場やコミュニティにおいても

自己愛性人格障害の被害に気をつけなければ

生きていけなくなるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする