自己愛性人格障害の被害はあなたのせいじゃない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

あなたのせいじゃない、ということについて

お話ししたいと思います。

あなたは自己愛性人格障害の彼との

トラブルの連続で悩み、

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思いますが、

みなさんの彼がもし、

自己愛性人格障害でなければ

言われなくてもいいようなことを

言われています。

今までのトラブルでいっぱい泣いたと思いますし、

心を傷つけられることをされたことも

何度もあると思います。

そしてあなたのせいにされ何度も何度も

言葉や態度で責められたでしょう。

もしかしたら

あなたに本当に非があるときも

ないときもすべて

あなたのせいにされているんじゃないか

と思います。

どれだけ彼に気を使っても

とても理不尽で腹の立つようなことをされ

それでも我慢して彼に言うこともできないのに

責められるということも何度もあるでしょう。

自己愛性人格障害の人にとって

あなたがやったことも

自分がやったことも

悪いことはみんなあなたのせいなのです。

そして、

あなたがいいことをした時や

彼の為にやったことは

まったく忘れられています。

というよりも

貰ったその時も

彼はちっともあなたに感謝していません。

それどころか

あなたにいいところを持っていかれたと

強烈に嫉妬している可能性もあります。

自己愛性人格障害の人にとって

あなたの為にしたことは

いつまでも覚えていてあなたが彼にしてあげたことは

全く頭に残っていないのです。

これは彼とプレゼント交換をした時などを

思い返してみるといいでしょう。

自己愛性人格障害の人は

すべてにおいて

目の前の相手よりも上でなければならず

すべてにおいて勝ちでなければなりません。

それは恋人のプレゼントに対しても

同じなのです。

これは彼にしてもらったことがどれだけかではなく

あなたが彼の為にしてあげたことを

彼がどれだけ感謝してくれたかを見ればわかると思います。

普通の人ならば

ものをもらったり自分の為に

相手が何かしてくれた場合、

そのものももちろんうれしいのですが

何より相手が自分の為に

してくれた気持ちがうれしいのだと思います。

自己愛性人格障害の場合、

自分がやったことに

あなたが感謝しないと怒りますが

あなたがしてくれたことには

ちっとも関心を持たないのです。

これに気づくと

とてもみじめな気持ちになるでしょう。

自己愛性人格障害の人は

相手の価値に全く興味がありません。

興味があるのは自分の価値だけで

相手を見ることはできないのです。

むしろ相手に価値があると嫉妬をして

それをつぶしたくなるでしょう。

だから自己愛性人格障害の人に

あなたの価値を見せてはいけません。

見せるとただやきもちを妬かれ

つぶされて捨てられるだけなのです。

あなたが彼の為に一生懸命やったことは

すべて無駄になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする