自己愛性人格障害のひとから見ると他人はみんなおかしいと思っている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見ると

他人はみんなおかしい

と思っているということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の

お話を伺っていると

自己愛性人格障害のひとは

激化した後、自分は冷静で

被害者のことをおかしいというようです。

相談者の人のいきさつをうかがうのですが

被害者がおかしいことは

特段ありません。

ですが、彼が被害者のことを

どう話しているか分からないのですが

彼の周りの人はみんな

被害者のことをおかしいというようです。

Tiaraはいきさつを

被害者の口からきいているのですが

被害者がおかしいところは何一つありません。

被害者自身も

自分は周りの人からも信頼されていないし

彼のほうがコミュニケーション能力が高く、

自分のほうがおかしいと

思い込んでしまっているケースは

非常に多いのです。

それは自己愛性人格障害の人の

マインドコントロールで

あなた自身がおかしく思わされていますが

話を聞いていると

被害者はおかしくないのです。

それよりも自己愛性人格障害のひとが

被害者のその行動で

怒りだしたり拒否をすることのほうが

不自然なのです。

自己愛性人格障害の人は

こじつけであなたの行動から真実を使って

あなたを悪者にすることがとても得意です。

自己愛性人格障害のひとの周りにいる

とりまきの人たちは

被害者の人がどんな行動を

とっているのか知りません。

自己愛性人格障害の彼に

あなたがおかしいと

伝えられてしまっているので

あなたの話は聞こうとしません。

そのために、

あなたは信用を無くしています。

自己愛性人格障害の人は

自分を信頼してもらうために

あなたの話を聞いてもらえないように

あらかじめ評判を落としておくのですが、

だんだんと

本当にあなたのほうがおかしい、

と思いだすのです。

そして自己愛性人格障害の人自身も

あなたが悪い理由を作り出しているうちに

自分でもそれが本当のことだと

思い込むのです。

そうやって

自分のおなかの中の怒りをぶつけるために

周りの人がおかしい理由を

作り出しているうちに

本当に周りがおかしい、と思いだすのです。

自分が正しくあるために

その不自然な怒りに理由付けをして

自分は悪くない、と思い込まないと

持たないほどの精神状態なのです。

だから自己愛性人格障害の人から見ると

周りの人がすべておかしく見えます。

そうやって

自分が正しい理由を作り出して

被害者に怒りをぶつけることを正当化して

精神を保っていないと

耐えられない精神状態なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする