自己愛性人格障害のひとがそばにいるとうまく行っていたことまでだんだんうまくいかなくなる

こんばんは♡

最近、Tiaraが職場が新しくなったことと

Tiaraの恋愛相談室が

混みあっていることにより

ブログの更新とコメント欄からの

質問の返信が遅くなっています。

ご迷惑をおかけして

大変申し訳ありませんでした。

後、コメント欄から返信しても

届かないことも頻繁に起こっているため

原因を突き止めてはいますが、

まだ回答が得られていませんので

確実にお返事がほしい場合や、

個人的に相談をされたい場合は、

Tiara恋愛相談室から

正式にお申し込みをされることを

お勧めいたします。

それと、メール相談についてですが、

よく勘違いをしてコースが終わっても

相談される方がお見えになります。

なお、延長の場合は再度

お申込みいただきますよう

お願いいたします。

メール相談の回数は

往復となっておりますので

今一度、

Tiara恋愛相談室のページをご確認ください。

なお、期限については

特に設けておりませんので

しばらく開けてからのご相談も

可能となっております。

あなたが、ご相談されたいことが

ありました時に

連絡してくださればTiaraから

必ずお返事をいたしますので、

もう少しお待ちくださいますよう

お願いいたします。

さて今日は、

自己愛性人格障害のひとが

そばにいると

知らない間にうまく行っていたことまで

上手くいかなくなっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraにずっと相談をしてくださっていた方から

ご質問を受けましたので

ブログで皆さんと共有したいと思います。

この方は元彼の様子がおかしいことから

自己愛性人格障害を知ったのですが、

考えてみると彼以外にも

今までの人生の中で

うまくいかないことがあったとき

今考えてみると、必ずそばに

自己愛性人格障害らしき人が

いたことに気づいたそうです。

自己愛性人格障害のひとって

わざとトラブルをおこしていませんか?

という質問を受けたのですが、

明確に言うとわざとではないのです。

自己愛性人格障害のひとが

トラブルを起こすのは、

本当は自分を守るためなのです。

決してあなたが嫌いとか

そういうことではありません。

ですが、あなたが悪いと

本気で思っていることもありますが

そうすることによって

トラブルを起こしている自分を正当化して

人のせいにして逃げているだけなのです。

自己愛性人格障害のひとにとって

すべての行動は

彼自身の自尊心の

極端な無さからきています。

自分に価値がないことが

極端に辛くてたまらないので

それがばれないように

常に虚勢を張って自分を隠しています。

そして、誰かをののしるために

悪者が必要なのです。

誰か、1人悪者がいれば

みんなの関心がその悪者に集まり

(本当は自己愛性人格障害のひとが

悪者に見せかけているだけなのですが。)

自己愛性人格障害のひとの

隠れみのになります。

本当は誰も

自己愛性人格障害のひとを

悪く思ってはいないので

そんなことをする必要はないのですが、

自己愛性人格障害は

自分には価値がない、と勝手に思い込み

1人でそれがばれることへの恐怖に

おののいている病気なのです。

ようはトラブルのないところに

勝手に自分でトラブルになる、

とか自分は他人に認めてもらえない、

と極端に思い込んでいる病気なのです。

だから必死で悪者を作り

ちょっとしたことで悪者に見立てて

自分を善人のように言うというよりは

迷惑をかけられているかわいそうな俺、

と思われることによって

同情を集めようとします。

同情された結果、

同情してくれた周りの人が

自己愛性人格障害のひとの味方をするよう

持っていくのです。

これは恐怖心からきているのですが、

このために悪者にされた人は

何もしていないのに

非常に嫌な思いをすることになります。

中には自分は悪くない、

と必死になって本当のことを

分かってもらおうとする、

被害者の方もみえるので、

ワタワタしていると

本当に被害者の人が

なんか本当に悪いことをしたんじゃないの?

と思われてしまいます。

これが、被害者が

何もしていないのに

周りのひとから

変な風に思われてしまう原因であり

また被害者は素直で無防備なので

知らない間に

極端に臆病な自己愛性人格障害のひとに

悪者にされてしまっているので

事が大きくなってからじゃないと

気づかないのです。

自己愛性人格障害の被害に遭われた方は

Tiaraに相談に来た時点では

かなり状況が悪くなってから

おかしいことに気づきます。

ですが、その場合ですと

もう遅い場合が多いのです。

ですから、自己愛性人格障害のひとが

そばにいるとうまくいっていたことまで

知らないうちに悪くなっているのも

無理はありません。

それくらい、

自己愛性人格障害のひとには

誰かに悪者になってもらっていないと

不安なのです。

もしかしたら、職場や学校のトラブルは

何もないところで起こっているのかも

しれません。

本当は悪く言われている人は

何もしていないのかもしれません。

ただ、そばに自己愛性人格障害のひとが

いただけで、

あなたは何もしていないのに

トラブルに巻き込まれていただけかも

しれないのです。

なんでいつもこんなことになるの?

という人はよく考えてみたほうが

いいかもしれません。

もしかしたらあなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいて

情報を操っているのかもしれませんよ?

だから自己愛性人格障害のひとに

情報を悪いほうへ持っていかれないように

あらゆるところで自分の個人情報を

与えることはやめたほうが

いいのかもしれません。

先日もお話ししたように

情報がなければ

自己愛瀬人格障害のひとは

何もすることができません。

できるだけあなたの情報は

本当に信頼のおける人にだけしか

話さないほうがいいのかもしれません。

でも、それでもあなたの情報が

漏れていた場合は

近くに自己愛性人格障害のひとがいることを

疑ってみたほうがいいのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは

他人のダメな情報や悪い情報を集めることを

自然にしていることを

覚えていたほうがいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする