自己愛性人格障害のひとはあなたを追い込むために怒っているだけである

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

本当に怒っているのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を訪れた方で

彼から突然の別れを言われ、

本当に連絡がなくなってしまい、

あわてて自分から連絡を取りましたが、

まだ怒っているようで冷たくされましたが

どうしたらいいですか?

という相談を約半数以上の方が質問されます。

ケンカの理由もわからず、

突然連絡がなくなったり、

別れ話を出されて、

何かおかしいと思い、

自己愛性人格障害に気づく、というパターンが

だいたい決まっているのですが

この時の自己愛性人格障害のひとの

心理について

お話ししていきます。

被害者になるような人は

だいたいがこの時の彼の行動が

不自然に自分のことを切っていることに

気づいています。

今まで承認欲求を持っていた被害者に対して

あなたが彼からなかなか離れていかない、

と気づくと今度は

離れていかない虐待の相手として

あなたをキープしようとします。

あなたは彼にすがるような思いで

いますので、

こじつけであなたを悪者にして

プイっとしても

あなたは全力で追いかけてくることを

知っているのです。

だから、あなたがすがってくること前提で

別れ話を出している、

のです。

逆に、あなたがまだ

彼についてくるかどうか分からないときは

自己愛性瀬人格障害のひとは

あなたに別れ話を出したりしません。

あなたが彼を全面的に肯定し、

些細なことでは

別れようとしないと分かっているから

彼は別れ話を出しているのです。

つまり、

彼は本当にあなたに対して

怒っているわけではなく、

あなたをそろそろ支配できる立場になった

という自信があるからこそ、

あなたに別れ話をして

冷たくしているのです。

普通の人は、

自分についてきてくれると思うと

あなたのことを今まで以上に大事にしますが、

自己愛性人格障害のひとは

それと全く反対のことをします。

あなたが、彼から

離れていかない自信ができたからこそ

ターゲットになったのです。

では、彼の思いと逆のことをすると

彼は計算違いをしたと焦りだし、

「分かってほしかったんだよ!」

とか

「あなたに気づいてほしかっただけ

だったんだよ!」

とか

「あなたじゃなきゃダメなんだよ!」

と言い出します。

Tiaraもはじめのころは

この言葉が

どんなにうれしかったかしれません。

彼から連絡がなくなり、

ああ、もう駄目だ。。と思いかけたとき

突然彼から連絡が入り

「会いたい。」と言われ

この言葉を言われます。

こうやってこういったことを

何度も繰り返していくうちに

彼は絶対にTiaraから離れられないんだ、

と思うようになると

こうやってだんだん

お互いがお互いを

必要とする関係になっていくんだ、

安心感を持っていきましたが、

自己愛性人格障害のひとは違います。

知らない間に

恋人が、だんだんと時間をかけて

ターゲットになっていくのです。

気づいた時にはあなたも彼も

離れられなくなっていることが多く

それが幸せだと思っていますが

現実は、

辛いのに別れられない、という

地獄の関係になっていくのです。

そして年齢を重ねると

よけいにお互いに離れたくなくなり

自己愛性人格障害のひとの

うっぷん晴らしには最適の相手が

辛い思いをしながらも

彼からどんどん

離れたくなくなっていくのです。

気づいた時には

結婚した後だったり

周囲も巻き込んだ深い関係になっていたりして

とても辛いのに

別れられない日々が続きます。

これが、自己愛性人格障害のひとの

ターゲットのキープの仕方なのです。

ここから脱出するには

あなたが1人になることを怖がっていたら

彼にすがることをやめることができず、

どんどん追い詰めれられて行きます。

自己愛性人格障害の被害から立ち直るには

あなたが(1人になってもいい)

と思う気持ちを

常に持ち合わせて

自分に自信を持つことなのです。

人間は1人になれば

必ず新しい出会いがあります。

でも彼がそばにいたら

あなたには新しい出会いは

なかなか訪れないのです。

あなたのことを本当に思ってくれる人を

見つけるために

あなたが辛い思意をする人からは

心の距離を置きましょう。

あなたが自分のことをもっと大事にすれば

あなたが幸せになるためには

どうしたらいいのか

早く気づくことができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする