自己愛性人格障害のひとに人生を潰されて無駄にしてしまった人へ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

人生を潰されてしまって

辛い思いをしている人へ

今後のものの考え方について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼と

数年付き合った後、別れてしまった人や、

会社を辞めてしまった人など

長い間信じてきた人と

お付き合いを続けられなくなってしまって

今までの人生は何だったのか

納得できない人がたくさんいます。

誠心誠意お付き合いをされてきたので

ショックだったでしょうし、

長年付き合ってきたので

適齢期をすぎてしまった、

という相談も多くみられます。

確かに自己愛性人格障害の彼と

お付き合いをしてきたことは

別れてしまったことにより

無駄に思えるかもしれません。

でも、無駄ではないのです。

自己愛性人格障害のひとに教えてもらったことも

たくさんあると思いますし、

気づいていないころは

幸せな思いもしてきたはずです。

幸せな思い出にしがみつくと

彼のことを忘れられないかもしれませんが、

Tiaraはそれとこれとは

切り離して考えています。

中には、彼のおかげでうつ病が治ったなんて人もいて

その時は幸せだったんだな、って思います。

結果、自己愛性人格障害だったことは

本当に悲しいですが、

その時に素敵な思いをしただけでもよかったのです。

問題はそのあとでなかなか忘れられず、

いつまでも悲しんでいたり

するとまた時間をつぶしてしまいます。

無理に前に進もうとしても

なかなか忘れられないときは

思いっきり彼のことを考えるのもいいと思います。

でも自己愛性人格障害の人と

お付き合いをした人のほとんどが

のめりこんでいる状態です。

彼と付き合っているときは

彼以外のことは

ほとんど考えられなかったと思います。

あなたに足りないものは

普通の人よりも

自分のことをおろそかにしがちです。

普通の人は

あなたが想像するよりも

はるかに自分のことを考えています。

そしてちゃんと幸せになっているのです。

自分のことばかりで

人のことを考えられない人もどうかと思いますが、

自分のことをまったく考えられなくて

人のことばかり考えている人も

それはそれで幸せだと思っていたのですが

そうではなかったのです。

あまりにも人のことばかり考えている人は

優しい人で友達もたくさんいるかと思いますが、

あまりにも人のことばかり考えていると

人にひどいことをされても自分が悪いと思い

まったく気づいていません。

Tiaraも子供のころ、

人にやられても自分はやり返してはいけないよ、

と優しいおばあちゃんに教わり育ちました。

おばあちゃんはとても優しく大好きだったのですが

その大好きなおばあちゃんの言うことを聞いて

いつも自分ばかり責めていたと思います。

友達はそれなりに多く

楽しいときをたくさんすごしてきましたが

時に、やはり自己愛性人格障害のような人に

出逢っているのです。

普通の子は、そういう空気をなんとなく

感じ取るのか嫌なことを言う人を避けるのですが

Tiaraは細かいことを気にしない大雑把な性格でした。

だから結構自己愛性人格障害っぽい人とも

付き合ってしまっていたのです。

自分が嫌だ、という感情は

ほとんど流してしまい、

楽しいことだけ考えていると

たしかに悩みません。

でもあるときすごい事件に

発展していることがあったのです。

それもそういうこともあるさと

あまり気にしていなかったのですが

あれは自己愛性人格障害だったな、と

はっきり分かります。

自己愛性人格障害の被害にあったような

人は、とくに

嫌だな、という気持ちを見逃してはいけません。

少しくらい嫌なことは誰にでもあるでしょう。

ただ、それを立て続けにやっている人や

嫌がらせのしつこい人に出逢ったら

その人とは

あなたは付き合わないほうがいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする