自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほどあなたはうざい人になってしまう


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほど

どんどん印象がうざくなっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

言葉は悪いですが本当のことなので

自己愛性人格障害の被害に遭われたあなたは

真剣に考えてみてください。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭うと

被害者はどんどんうざい印象になっていきます。

 

他人から見て分からないような

被害者だけに伝わる

あの嫌な感じをどんどん受けていくと

被害者の自尊心は

どんどんなくなっていきます。

 

ですが、それはもちろん

あなたはもうわかっていると思いますが

あなたのせいではないですよね?

 

それどころかあなたは

今まで誠心誠意、

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと

寄り添ってきたわけです。

 

2人がうまくいくように相手の気持ちに寄り添い

自分のことよりも彼の気持ちを

一番に優先させてきましたよね?

 

それなのになぜかいつも彼を怒らせてしまう。

 

それは彼が自己愛性人格障害で

あなたのせいにして怒ることで

自己愛性人格障害のひとの

おなかの中にもともと持っていた大きな怒りを

堂々とあなたにぶつけて

すっきりすることができるためです。

 

あなたが落ちぶれて

みじめな思いをしているときや

自分のことを分かってもらえない無力感に

さいなまれているところを見ると

自己愛性人格障害のひとは

病気のために持っている大きな怒りを少しだけ

少しだけ高揚させて

アドレナリンを出すことができます。

 

そしてちょっとだけすっきりして

気持ちよくなるのです。

 

そのために優しく

ちょっとしたことなら許してくれる

寛大なあなたを使い

あなたのせいにすることで

あなたは自己愛性人格障害の

彼から離れていくことはないし

むしろもっと彼に気に入ってもらえるよう

努力するようになるからです。

 

 

でも、それではあなたは

どんどん理不尽で悔しい思いが

本当は心の中にたまっていきますよね?

 

彼とはうまくやっていきたいので

本当に自分が悪いのか不安になり

誰かに分かってほしくて

あなたの友達に相談したり

話しを聞いてもらったりしたことは

ありませんか?

 

 

ですが、あなたの中にも

彼は本当にいい人、という思いがあるので

友達からしたら

あなたが変わるべき可能性のある

アドバイスをしたり

なかなか分かってもらえたなかった

悔しい思いがあるのではないでしょうか?

友達がしてくれたアドバイスなど

あなたはもうとっくに

実践してきたのではありませんか?

 

 

それなのにあなたはそんな当たり前のことさえ

していないと思われてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

自分がおかしくないことを必死に訴えるあまり

周りの友達や親族と

こじれてしまった人も多くいますが、

自己愛性人格障害の被害者は

この理不尽な思いを分かってくれる人を探すため

どうしてもうざくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭えば遭うほど

あなたはどんどんうざくなっていき

その人に分かってもらいたいと

すがる気持ちが周りのひとにも

なんとなく伝わってしまうようになり

それがあなたの周りから見た印象と

なってしまいます。

 

その結果、あなたは

バカにされやすい印象になってしまい

その印象は自分では消すことが

できなくなってしまうのです。

 

そうするとまた

あなたのその雰囲気をかぎつけて

また自己愛性人格障害のひとに狙われやすくなり

あなたの人生はどこに行っても

上手くいかなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われたくなければ

もっと自分の気持ちを大切にすることです。

 

あなたのやさしさは

あなたのいいところですが

それを利用する人たちによって

あなたはどんどん

うざい存在になってしまうのです。

 

優しい人ほど、自分が付き合う人間は

選ばなければいけません。

 

あなたの真心を真心で返してくれる人や

あなたに感謝の気持ちを表してくれる人には

あなたの優しさをそっと分けてあげてもいいのですが

あなたの優しさを利用するような人とは

あなたのような優しい人は

関わってはいけないのです。

 

幸せな人生を送るためにも

あなたはもっと

余裕のある雰囲気を

身につけなければなりません。

 

それには自分を大切に扱うことなのです。

 

自分を大切に扱うことは

他人をぞんざいに扱うことに比例しません。

 

まず自分を大切にしてから

それから他人を幸せにしてあげる

お手伝いができるのです。

 

あなたを幸せにできるのは

あなた自身しかありません。

 

あなたが自分の人生を生きていけなけば

余裕と自信は生まれないのです。

 

あなたの中の余裕と自信は

あなたの雰囲気を落ち着かせ

人が安心して近づいてこられる存在になり

あなたさえ自分を大切にしていれば

あなたの優しさを利用しようとする人は

あなたに近づいてこられなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

まず自分の嫌だ、と感じる気持ちを

大切にしてください。

 

自分が何に対して

嫌だと感じるのかが分かるようになると

不用意にあなたを傷つける人物を

寄せ付けたりしません。

 

あなたが自分を大切にする気持ちが

あなたを大切にしてくれる人だけを

寄せ付けるようにしてくれるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください