自己愛性人格障害の人は怒りをぶつけるために悪者が必ず必要になる

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

怒りをぶつけるために

悪者になる人が必要だということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普段はとてもそんな風に見えませんが、

おなかの中に

とても強い怒りをかかえています。

 

そして尊大な自分を魅せて

人から好かれていないと

極度の不安状態におちいりますので

それを隠して生きています。

 

でも、自分よりも弱いと思う人や

この人になら怒りをぶつけても

害がない、と思ったときに

怒りをぶつけておなかの中の怒りを

発散させています。

 

そしてその中でも

怒りの矛先にしても大丈夫な人を

無意識のうちに

長期的に作っていきます。

周りの人の意識や環境を

コントロールしながら

その人が悪いから

俺は怒りを持ってしまうんだ、

という風に

怒られても仕方のない人、

と誰もが思うような人を作り上げていきます。

 

それは、どうやって

作り上げていくのかというと

自分の周りにいる人の

弱みや弱いところ、失敗などの

情報をため込んでいき

都合のいいところでたたきます。

 

それを何度か繰り返すうちに

無意識にあの人は怒られる人、

とだんだん思い込んでいくように

環境を作り上げていきます。

 

そして自己愛性人格障害の人が

怒りをぶつけても

それは自己愛性人格障害の人が

悪いわけではなく、

温和で寛大な自己愛性人格障害の人も

さすがにそれは言うでしょう、

という正義をよそおったストレス発散です。

 

 

それをすることによって

自己愛性人格障害の人は

自分の中の怒りを定期的に出さなければ

辛くて仕方ないだけなのですが、

そのターゲットとなってしまった人は

周りの人からも

だんだんと軽く見られていくようになります。

 

そうやって少しづつ、

時間をかけて

ターゲットを作り上げていきます。

 

ターゲットにされた人は

ちょっとしたことで

いいわけしないひとや、いいわけを思いつかない人

なんでも自分のせいだと思い込む

責任感の強い人、

周りと仲良くやっていきたいと思っている人が

代表的な被害者となります。

 

中には、それがひどいことだと

気づく人もいるのですが

人のことなので

わざわざ助けて自分まで言われてしまうのが

怖くて、ほっておく人も多いと思います。

 

そうやってターゲットにされた人は

そのコミュニティーを

追いやられていくのです。

 

でも、それは誰にでもあるようなミスで

ミスのない人などいません。

 

ミスとは言えないほどの小さなことや

どうでもいいことでも

自己愛性人格障害の人の

巧みな話術をもってすれば

とんでもなく迷惑な行為に見せることは

とても簡単なことなのです。

そうやって自分の怒りをぶつけても

周りの人に相手が悪いと思われるような

悪者が、自己愛性人格障害の人には

絶対に必要なのです。

 

いじめなどで追い込まれ、

登校拒否になってしまった人や

自殺をしてしまう人などは

自己愛性人格障害の人の

ターゲットにされてしまった人

ではないかと思います。

 

本当にひどいことをしても

周りに自己愛性人格障害の人が

いなければここまでひどくなることは

ないと考えています。

よく報道などで、学校側が分からなくて

コメントできなかったり、

いじめの事実をもみ消そうとするのは

この、自己愛性人格障害という

症状を理解できないから

分からないのだと思います。

 

普通の人には

なかなか理解できません。

 

Tiaraは自己愛性人格障害に気づいてから

男女の付き合いだけでなく

いろんなことにまでも気づいてしまいました。

 

 

世の中に

自己愛性人格障害という症状が

理解されるようになれば

もう少し解明できる問題が

増えるのではないかと考えています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください