自己愛性人格障害の人のしがみつき

こんにちは♡

 

今日は、

自己愛性人格障害の人のしがみつきについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人の特徴の

代表的なものとして、

別れを何度も繰り返し、そして自分から戻ってくる、というものがあります。

 

皆さん、ここで、

自分の彼が、

自己愛性人格障害なのではないか?と気づくことが

多いと思うのですが、

この時の異常なしがみつきが

まだ私のことを好きなのではないか?と

あなたに期待を持たせてしまう理由になります。

 

大好きな彼に、わけもわからず、

別れ話をされ、納得できるはずもなく苦しんでいると

彼から「会いたい。」と連絡が入る。

 

 

戻ってしまうのは当然だと思います。

 

でも、別れは普通の恋愛にとっても

とても辛いもの。

 

それを何度もされると

心臓は張り裂けそうになり、自分に自信を無くしていき

彼の言いなりになっていくことは

時間の問題だと思います。

 

その、あなたに期待を持たせてしまう彼のしがみつきは

自己愛性人格障害の典型的なものです。

見捨てられ不安が強い自己愛性人格障害が、

自分の精神を保っていられなくなる限界が来る沸点が低く、

常にあなたを捨てようとします。

 

でも、その捨てようとしたあなたに捨てられるのは

ものすごく怖いのです。

 

この辺が普通の人と違っています。

 

普通の人は、

自分のわがままにしろ、相手との相性にしろ、

二人の間のトラブルにしろ、

恋人と別れる、と決心した場合、

決心したほうはしがみつきを見せることはあまりありません。

 

言われたほうはしがみつきを見せることはあります。

 

たまに、別れを切り出した後、

すぐに後悔をして、「やっぱり別れたくない。」と

言い出すことはよくあります。

 

Tiaraにも経験がありますし、

周りでもちょこちょこ聞く話です。

 

でも、そのあとは後悔をして

やっぱりこの人しかいない、とやり直すわけですから

そんなに簡単に別れを何度も言いだす、なんてことはありません。

 

 

でも、自己愛性人格障害の人は

自分から言い出したにも関わらず、

あなたがそれに逆らうこともなく応じた場合、

ものすごいしがみつきを見せます。

 

これは、自分が捨てるのはいいのですが、

自分が捨てられることは耐えられないのです。

心の奥底で、自己愛性人格障害の人も

自分には価値がなく、実際にはもろく崩れやすい自尊心を持っているため

自分が捨てられることに

耐えられないほどの恐怖心を持ちます。

 

これが自己愛性人格障害の人が

あなたと別れるときに見せるしがみつき行為であり、

あなたとやっていきたいがためのしがみつきではないのです。

 

これが分からずに戻ってしまった場合は、

あなたは自己愛性人格障害の人からの絶大な信頼関係を持たれてしまい、

奈落の底へ落とされることになりのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください