自己愛性人格障害の恐ろしさ

おはようございます♡

昨夜は自己愛性人格障害について

詳しく説明しなきゃと思い

つい途中から思い出してしまいました。

今日は、

できるだけわかりやすく説明したいと思います。

昨日は自己愛性人格障害の特徴についてまでは

説明しました。

こんばんは♡ 就活中でしたが、 ようやく就職が決まり もうすぐ仕事が始まります! ゆっくりブ...

要するに極端にどちらかしかないのです。

Tiaraも付き合っているときは

そんなふうには思いませんでした。

でも、あとから振り返ってみると

そう考えていた、

と考えてみると彼の言動に納得がいくのです。

支配しようとしていたから

あんなこと言っていたのか、

負けたと思ったから

あの後あんな態度だったのか。。と。

自己愛性人格障害の人は

普通の人がそんな風に思っていないことは

お構いなしなのです。

というより

他の人が勝ち負けにこだわっていようといまいと

そんなことを考える余裕はありません。

むしろ、自分のことだけでせいいっぱい、というか。

もし自己愛性人格障害の方が負けると、

「支配される」という

恐怖心から全力でつぶしてくる。

それも相手にわからないように。

例えばあなたのほうが

他人から見て「すごい」

と思われるような特技を持っていたとします。

例えば仕事ができる、とか。

すると、巧妙に、姑息に、こそこそと、

あなたが失敗したような話を繰り返しでっちあげる。

(あなたは彼がそんなことするはずがない、と

思い込んでいるので気づきません。)

巧妙に、というのは、

あなたの特技を彼だけが知っていて、

まだ、周りに知られていない場合、

周りがそれに気づく前に

周りに(あなたにはできない)という

イメージをつけてしまっています。

もう誰もあなたのことを

仕事ができると思うわけがない

というイメージを崩さないところまでもっていき、

たまたまあなたが何か、仕事で活躍したとします。

でも、もうあなたは周りから失敗する人、

仕事ができない人、

というイメージを十分に植え付けられているので

みんな動揺するでしょう。

周りの方の思い方はそれぞれ自由ですので、

(なんだ!できるじゃん)と思う人もいれば、

(まぐれだよね。。そんなときもあるのか。。)や

(だれかにおしえてもらったんじゃないの?)

とその思う人の性格や

ものの考え方によっていろいろだと思います。

でも、悪いイメージがつけられている分、

普通に仕事ができる人、もしくはわからない、

と思われている人よりも

圧倒的に不利だと思いませんか?

等身大の自分より

下げられたところから判断される。

それも巧妙に

普段はよいイメージを解き放ってる彼を

不審に思う人は少ないでしょう。

(いないとは思いませんが。

やはり、おかしい?と思う人もいるでしょう)

そしてあなた自身も彼に対して

(むしろ好きなら余計)悪いイメージはないので、

まさか彼がそんなことをしているとは

はじめのうちは気づかないでしょう。。

気づくとしても、

相当自体が悪くなってから気づくことが多く、

その時にはもうすでに周りには信用してもらえない、

というところまで来ていることがほとんどです。

彼もあなたに

「すごいね。見直したよ!やればできるじゃん。

言いたいこと言うやつは、言わしておけばいいよ。」

これくらいのことは言うと思います。

そしてあなたも

(やっぱりわかってくれない人はいても

彼は私のこと分かってくれてる!)と

思い幸せな気分に浸ります。

事態は

少しづつ悪くなっていることも気づかずに。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする