自己愛性人格障害の人は、人との関係性をうまく作ることができない。

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の強いコンプレックスについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

とても自信があってコミニュケーション能力も高いので、

コンプレックスがあるようにはとても見えません。

 

でも、自己愛性人格障害の人を知っていたら

彼のたまに見せる怯えたような小さくなった姿を見たことがあると思います。

 

Tiaraの元カレも、いつも堂々としているように見えましたが

時折、ものすごく遠慮がちに座っていたり、

隅っこで下を向いている彼を

何度か見たことが、あります。

自己愛性人格障害というのは

本当の自分の姿を愛することができないことから起きる障害だと言われています。

 

自己愛性人格障害の人は、他人だけでなく

自分も愛せないのです。

 

でも、それを認めることも堪えられないので

自分に自信があるようにふるまいます。

 

普段は、その劣等感を自覚していません。

 

自分は人徳もあって才能のもあふれている

特別な存在なはずなのに

周りの人が、自分の思い通りに動いてくれないとイライラします。

 

でも、彼は、なんとなくそれはいけないことだと分かっているようで

「自分に自信があるが、他人を認められないところが俺の悪いところだね。」

と言っていたことがありました。

 

本当は自分でもなんとなく気づいていたのかもしれません。

 

あなたが幸せそうにしていたり周囲の人に評価されているのを見ると

そのことに対して腹が立ち、一緒に喜ぶということができません。

自分が不安定で、本当は確立していないので

恋人であっても

あなたを、彼と同じ人間として認めることもできないのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

他人を自分のために利用したり思い通りに動かそうとします。

 

 

それがうまくいかないと自己愛憤怒と言って

恐ろしいほどの怒りをあらわにすることがあるのです。

 

あなたは特にないもしていないため

突然怒りだす彼に、わけがわからなくなります。

 

自分よりもあなたが上に立ったり

あなたのほうが目立つことが許せないのです。

 

そこには、健全な自己愛が育っていないので、

そうは見えませんが、

自分には価値がないと思い込んでいるコンプレックスから

人が自分より優位に立つことがあまりの恐怖で

そこから自分を守るために、自己愛憤怒を起こすのです。

 

だからそれを理解して、

自己愛性人格障害の人が怒っても

あなたのせいではないということを知っておきましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください