会社でのモラハラ行為への対処法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

会社を辞めさせられそうな気がしてしまう人へ

あなたがどんな態度をとったらいいかについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせって本当に怖いですよね?

自己愛性人格障害のひとに

攻撃をやめてほしいと思いますが、

残念ながら、自己愛性人格障害のひとは

攻撃をやめません。

どうしてもしてしまうのです。

そしてそれは、

自己愛性人格障害のひと自身にも

止めることはできません。

ほかの人が失敗しても

「そういう時もあるよ。」って

おおらかに教えてくれているときもあるのに

あなたが失敗したときに限って

ちゃんと見ていて

すかさず、注意をしてきたり、

笑いものにしてきたりしますよね。

どうしてあなただけにこんなにも

つらくあたるのでしょう?

あなただけにしてくるということで

あなたがなにか

彼の気に入らないことをしてしまったのか、

自分自身の存在に

自信がなくなってしまいますよね。

でも、そんなことはないのです。

自己愛性人格障害のひとは

それが狙いなのです。

あなたの自尊心を落とし、自信を無くさせて

あなたよりも優位に立つことで

自分の自尊心を引き上げて

あなたより上だと、ほっとしているのです。

しかもそれを見ている周りの人からも

あなたの評判を落とすことができますので

自己愛性人格障害のひとからしたら

一石二鳥なのです。

あなたの自尊心を下げることにより

あなたの自分への自信をなくさせ、

しかも周りの人からもあなたがだめなひと、

と思われることにより

これからのモラハラ行為もやりやすくなり

毎日日常的にモラハラ行為をし続けることができて

会社をストレス発散の場にできます。

自己愛性人格障害のひとの心情により

どうしてもそれをしていなければ

辛すぎて、生きていけません。

なので、あなたがいなくなれば

また、次のターゲットを

作らなければ、気が済まなくなり

また違う人で同じことをします。

結果、自己愛性人格障害のひとの周りでは

次々に人が辞めていく結果になると思います。

あなたに原因があるわけではなく

自己愛性人格障害のひとの心の中に

その原因はあるのです。

ですが、

お給料をもらいながら

何をしているのでしょう。

そんなことのために

会社を使われたのでは

あなたも会社もたまったものではありません。

会社での、自己愛性人格障害のひとからの

嫌がらせについて

非常に多く質問がありますが、

こういったことを会社に相談しても

なかなか分かってもらえません。

あなたに我慢が足りない、

と言われてしまったり

あなたがきちんと

指導を聞かなければいけない立場なのに

文句を言っていると思われてしまいがちですが

違います

自己愛性人格障害のひとの心の中に

原因はあります。

ただ、上司に言っても

分かってもらいにくいどころか

訴えることにより

あなたが悪者になってしまう可能性もありますので

一番かしこいやり方は

あなた自身で対処することです。

とはいえ、どうやって対処をしたらいいのか

分かりませんよね?

前回の記事でもお話ししましたが、

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせには

あなたの嫌がるところを見て

ストレスを発散しているという目的があります。

前回記事 :http://jikoaiseijinkakusyougainohitogaanataniiyanakotowos

runowoyamesaseruhouhou

なので、あなたが堪えるところを

見せなければいいのです。

よく見ると、自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになる人とならない人が

いると思います。

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになりやすい人は

自己愛性人格障害のひとからの

嫌がらせに堪えてしまいやすい人です。

少々のことで堪えない人には

自己愛性人格障害のひとは

絶対に攻撃を仕掛けてこないのです。

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病で

人から嫌われることに

異常な恐怖心をいだいています。

嫌われるようなことをしながら

人から嫌われることが

怖いのです。

なのに、あなたには

その嫌がらせをしてしまう、ということは

あなたが、あまりにもいい人で

どんなに嫌がらせを受けても

自己愛性人格障害のひとのことを

嫌わないと思われているからです。

でも、現在ターゲットになっている人が

自己愛性人格障害のひとを

嫌うことは難しいと思います。

どうしてかというと

いまさら、自己愛性人格障害のひとを

嫌ったからと言って

あなたはすでに彼からなめられているので

さらに攻撃が増すことが

考えられるからです。

彼を嫌うそぶりをみせることはできませんが、

彼からの攻撃に慣れてしまった、

もういまさら攻撃されても慣れているから

何とも思わないよ?という態度はできると思いますし、

敵対心を見せなければ

自己愛性人格障害の人も

攻撃ができません。

彼が攻撃を仕掛けてきても

あなたが反応しなければ、

彼は攻撃をしても

意味がなくなってしまうのです。

だから、あなたがまず、できることは

自己愛性人格障害のひとの攻撃を受けても

堪えないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする