関係が深くなると離れようとする彼の心理について

こんばんは♡

今日は、関係性が深くなるとなぜかそっけなくなったり

連絡が途絶える回避依存症についてお話ししたいと思います。

 

 

最近、Tiaraのサイトを訪れて恋愛相談をされる方が爆発的に増えて

1人1人対応をしているところですが、1日に来る件数があまりに多いため、

予約制とさせていただきます。

 

Tiaraは1人しかいません。

他にTiaraと同じように自己愛性人格障害の人に

詳しい方がいれば分散できるのですが、

今のところ、それは無理ですので、なるべくみなさんに

お答えしていきたいと思っていますので

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

悩みが深いため、Tiaraにしか分からないことを真剣にお伝えするため

お時間がかかってしまいます。

ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

お待ちになっている方は、もうしばらくお待ちくださいね。

 

ご希望の方は、サイト上部のメニューバー「Tiara恋愛相談室」より

必要事項、ご記入の上、お申込みください。

 

Tiaraが、あなたの例1件1件、真剣に解決の糸口までご案内いたします。

その中で、彼の症状が、自己愛性人格障害だけでなく

回避依存症の症状もある方がお見えでしたので、

少しお話しさせていただきますね。

 

回避依存症と自己愛性人格障害は非常によく似ていて

少し特徴の違うものです。

 

関係性が深くなると、自分の気持ちが強くなってしまうのも

相手のの気持ちが強くなってしまうのも怖くなり、不安になってしまい

離れてしまうという症状です。

 

回避依存の男性が社交的な場合、

関係性が深くなりそうになると、すぐにほかの人に

声をかけて逃げてしまうので、

他人から見たら、浮気性の男性、という風にも見えます。

 

ただし、回避依存の男性は、ただの女好きな男性とは

ちょっと違うのです。

 

回避依存症の人は、関係性が深くなってくると

怖くなり、何かと用事を作ったり、体調が悪い、などと言って

あなたと会うのを避けようとします。

 

自己愛性人格障害の人の中に

回避依存の症状も持っていると、

あなたを口説いてあなたが夢中になると

コントロールしたくなって嫌がらせをしてしまうのですが、

自分が激化して、彼女を潰してしまうことが分かっているため

それが怖くて関係性がこれ以上、深くならないように

あなたを避け始めます。

自己愛性人格障害の人は

突然なるわけではなく、

幼いころから、ずっと同じことを繰り返しているので、

自分でもなんとなくこれ以上一緒にいるとあぶない、という

タイミングが分かります。

 

それで、

別れ話をしたり、ほかの女の子と親しくなり

ターゲットをほかに移すことによって

あなたへの激化を避けるのです。

 

これが回避依存であり、どちらにしても

一緒にいると激化して同じことを繰り返すので、

一緒にいることは避けたほうがいいでしょう。

 

どちらにしても激化した後は、

自己愛性人格障害の人も、苦しんでいるのです。

 

ただ、彼にもそれを止めることはできません。

 

自分の意思ではコントロール不可なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください