自己愛性人格障害は治るのか?

こんばんは♡

 

自己愛性人格障害。。。

Tiaraの話を怖いことだと思って

拒否する人が多い中、

この不思議な話に興味を持つ人も

少なからずいます。

そして

大好きな世界で一番信用していた

彼が

自己愛性人格障害だった

というショックから

彼の気持ちを

彼の立場に立って

考えました。。

 

自分でいうのも何ですが

Tiaraはたぶん他人の立場に立って

物を考えるのが得意です。

 

それは、自分の好きな人限定でw

 

中学の時、好きな人がいて

その人の立場から

見える景色を研究しましたw

 

Tiaraの席からは

黒板はこうやって見えるけど

たぶん彼の席から見たら

この角度から見えるだろう。。。

 

ちょっとキモイですよねw…

 

でもそれで大体その人は

今をどう感じているか

分かるようになったのです。

 

だから、それ以来

結構

人間関係は得意なほうだと思います。

 

恋愛にもそれなりに

自信がありました。

 

それなのに彼は、

今までの自分が考えていた行動と

違う行動、言動をとる。。。

 

めちゃめちゃ興味がわきますよ。

彼はそういう意味でも

ミステリアスな存在でした。

でも彼と別れて1年。。。

たぶん彼は全くの

別人格になっているような

気がします。

 

Tiaraといるときは

自信家で

堂々としていて

知的で

裏表のない人だと思っていました。

 

厳しい言葉も

Tiaraのことを思って

言ってくれているのだろうと

思っていました。

 

Tiaraと別れたことは

少なからず

彼が変わるきっかけになったと思います。

 

離れた場所にいる彼のことを知るには

なかなか難しい立場にいると思いますが

彼の状況が全く分からないわけでは

ありません。

 

たぶん彼は前にも増して

臆病な存在になっていると思われます。

 

ただ、彼自身そのことに

気づいていないので

話してもわからないでしょう。

 

彼はTiaraに心を許していたので

あんな病的な行動に出たのでしょう。

 

心を通じ合わせる、

自己愛性人格障害の言う信頼関係とは

普通の人が考える、信頼関係とは

全く違う気がします。。

 

自己愛性人格障害の人の言う信頼関係とは

あなたにどんなにひどいことをしても

あなたが彼についてくる、

というのが、自己愛性人格障害の言う

信頼関係なのです。

 

彼は付き合いだした当初

こんなことをよく言っていました。

 

「恋人同士や夫婦って

信頼関係なんだと思うんだ。

 

性格や環境の違う二人が、

けんかしたり、

話し合いをしたりして、

だんだんと

同じようなものの考え方になってく。。。

 

そしてだんだんに

お互いが信じあえる

信頼関係が育っていくと思うんだ。」

 

Tiaraは、彼から言われる

言葉の一つ、

信頼関係について

彼から男女の信頼関係に

ついて

言われることは

Tiaraと感覚が一緒なんだと思っていました。

 

Tiaraはこの人となら

やっていける、そう思っていました。

 

でも

それは全く違うものだったのです。

 

自己愛性人格障害の人の考える

信頼関係。

それは、

あなたに、どんなにひどいことをしても

あなたが自分を信頼してついてくる、

という絶対的な支配欲なのです。

 

外面のソフトな印象からは

想像もできないほどの

支配欲なのです。

 

あなたが彼を慕い

彼に合わせれば合わせるほど

彼はあなたを陥れて

潰していきます。

 

自己愛性人格障害とは、

自分のことを慕い、

愛情をむけてくれる大切な存在を

どうしても潰してしまう悲しい病気なのです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください