あなたが寛大であればあるほど、相手が自己愛性人格障害だった場合は、傷つけられる

こんばんは♡

今日は、あなたが寛大であればあるほど

相手が自己愛性人格障害だった場合は、傷つけられる、

というお話をします。

 

毎日、数多くの自己愛性人格障害の被害に合った方から

メッセージをいただいていますが、

あまりにもひどいものから、

もしかしたら彼か、もしくは自分が自己愛性人格障害かもしれない、という

まだ疑いのものまでいろいろありますが、

中には、本当にここまでするのか、と思うほど

ひどいものもあります。

 

ひどいものの多くは、

結婚している、またはしていた、

あるいは付き合いが長いものが多いです。

Tiaraは自己愛性人格障害、という病気があることを

知らないときは、そんなこと人がするわけがない、

とおもっていたようなことばかりです。

 

世の中の常識がいかにいい加減なものか、

と考えさせられます。

 

常識外のことをする人がいるのに

自分がひどいことをされているにも関わらず、

そんなことする人がいるわけない、と思い込んで、もっとひどいことになるのです。

 

できれば、気づいた時点で、

なるべく早く離れてください。

 

早く離れた人は、まだいい思い出になっている部分も

ありますが、あまりに攻撃を受けていると

本当にひどいことになります。

 

自分の目の前の出来事を

ちゃんと見てくださいね。

 

心が傷ついた時や、

これは普通じゃないなと感じたときには

自分の心を守るためにも

できる限り、早く逃げてください。

 

いつまでも我慢していたり、

社会の常識にとらわれていると

本当のことが見えなくなります。

Tiaraのサイトに来ている以上、

何かおかしいと感じているということですよね?

 

自己愛性人格障害の人は

どれだけひどいことをしてもフォローするプロです。

 

初めのうちは分からなくても仕方ありませんが、

繰り返し行われているようなら

早く気づいてください。

 

あなたがそばにいると

彼の自己愛性人格障害もひどくなってしまいます。

 

彼のためを思うなら

自分が幸せになりたいのなら

できるだけ早く、自己愛性人格障害のそばから

離れてください。

 

そして彼の情報が入るものはすべて、捨ててしまってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください