彼が自己愛性人格障害だと気付いた時点で長く一緒にいてはいけない

こんにちは♡

Tiara恋愛相談室のメール相談の方で、

一部メールが届いていないという連絡を

いただいております。

もし、届いていないという方が

見えましたら、コメント欄か

Line@のほうからご連絡ください。

届いている方は、また相談したいときに

好きな時に

いつでもご連絡ください。

心よりお待ちしております。

今日は、自己愛性人格障害の人は

ふだんはとても穏やかに過ごせる、ということを

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害について

少し誤解をしていらっしゃる方が見えますので

お話ししておきます。

自己愛性人格障害とは、

ふだんから気難しく、イライラしていて

無視や揚げ足取りばかり

しているわけではありません。

あの、自己愛独特の

嫌がらせをずっとされていたら

ほとんどの人がすぐにでも身がもたないと思います。

自己愛性人格障害の人が

無視や叱咤、自己愛憤怒やこじつけなど

一瞬でも心臓が止まりそうになるほど怖いのに

常にしていたら、

誰でもあの人おかしい、とわかります。

ふだんは自分の気を完全に消しているんじゃないかと

思うほど、人に迷惑をかけない存在なのです。

ただの嫌な奴、ではありません。

むしろ普通の人よりも

紳士的で穏やかなので

害がないように思えます。

憧れる人もたくさんいると思います。

だから取り巻きを作ることができるのでしょう。

でも、取り巻きになるのも

本当は非常に危険です。

取り巻きもいつターゲットになっても

おかしくないからです。

自己愛性人格障害の人にとって

取り巻きは

自分を持ち上げて

素晴らしい人間に見せてくれる道具です。

自己愛性人格障害の人にとって

ターゲットと同じく都合のいい存在なのです。

自己愛性人格障害の人も

ふだんはそんな風に思っていません。

自分がそんな風に思っていることを自覚すると

自分がひどい人間のように思えるので

それは、自己愛性人格障害の人の

プライドが許さないのです。

自己愛性人格障害の人にとって

自分は尊大な存在でなければならないのです。

尊大な人間がそんなことをするはずがありません。

自分が尊大な存在だと

思い込んでいないと、

心の奥底の価値のない自分が出てきてしまって

それは、自己愛性人格障害の人にとって

耐えられないのです。

だから自分でも、

自分は嫌がらせや無視などしていない

と思い込みます。

それをするときは、自分は尊大な存在で

ターゲットの面倒を見てあげているにもかかわらず

ターゲットがダメな人間だから

尊大な存在である自分まで

怒らなければならないのだと

相手のせいにして自分を納得させます。

いくら尊大で立派な人間の俺でも

お前のようなひどい奴には

腹を立てずにはおれないだろうと

ターゲットにも周りにもそして自分自身にも

無意識に思い込ませます。

だからあなたが悪者だと

本気で思い込み、それを疑いません。

だから自己愛性人格障害のターゲットになってしまったときは

話を聞いてはもらえないのです。

そして長くいればいるほど

それはだんだんにひどくなっていき

戻ることはありません。

彼は、性格が悪いのではありません。

本当にそうだと思い込む病気です。

だから昔の優しかった彼に戻ってほしいと

思ってもそれは無理なのです。

彼の中でだんだんと

あなたは本当に悪者になってしまいます。

だから被害にあっていると気付いた時点で

彼から離れないと

あなたはもっと傷つくことになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする