彼が別れの理由をはっきり言わないときは?

こんにちは♡

今日は

自己愛性人格障害の彼が、別れの理由をはっきり言わないことについて

お話ししたいと思います。

彼と些細なことでけんかになり別れ話まで発展してしまったとき、

なにより大好きな彼に嫌われてしまったことは

とても辛いですよね?

何とかして彼の気持ちを取り戻したいと思う女の子が

ほとんどでしょう。

でも、別れの理由をはっきりと聞いていますか?

お互いにこれは仕方がないな、という理由があるときは

別れたくないの一点張りでなく、

きちんと相手の気持ちも考えてあげることが

礼儀だと思います。

彼もあなたと一生懸命付き合ってきたけれど

それでもだめだったことを理解してあげましょう。

そのうえでどうしてもあなたに未練があって

彼と別れたくない場合、自分のどこがいけなかったのか反省してみましょう。

確かに彼の言う通りで、その理由なら彼があなたと別れたくなる気持ちに納得ができる場合、

あなたもそこを直すように努力する必要があります。

それは、今後別の男の人とお付き合いをすることになった時のためにも

考えたほうがいいでしょう。

でも、彼のあなたの嫌いな部分が、あなたの個性であり

あなたが悪いわけではないとしたら、

彼に好かれなかったのは、とても残念ですけど、

これは治す必要はなく、あなたのことを理解してくれるあなたと気の合う未来の彼が

現れるのを待ったほうがいいのかもしれません。

そこは、人対人なのでやはり相性の合うもの同士付き合ったほうが長続きします。

ただ、考えても、あなたと別れる理由がない、または納得できない場合は、

彼が自己愛性人格障害だった場合、

理由もなく虐待するために、何度も何度も、

別れ話をするのです。

あなたが訳も分からず考え込んでしまい

悩むのも彼の目的の1つです。

あなたが苦しむところを見たいのです。

普通は長い間、お付き合いをしてきたときに別れを言い出すときは

きちんとした理由を伝えるほうが、相手のことをきちんと

考えてくれている証拠だと思います。

きちんとした理由もなく、別れを切り出すことはあなたに対して

礼儀がなく失礼ということになります。

きちんとした理由がないか、自分のことを悪く思われたくなくて

わざと理由を言わないのかもしれません。

こういう人は自分勝手ですので、お付き合いをしていてもあまりいいことがないのかもしれません。

この場合は、悲しいですが、話が通じなくあなたが何を言っても

彼は分かってくれません。。

悲しいですが、ここは黙って彼が本当に自己愛性人格障害か見極める必要があります。

自己愛性人格障害には、いくつか共通する特徴があります。

これに当てはまる場合は自己愛性人格障害とは付き合わないほうがいいので、

彼が別れると言い出した時はこのまま別れてしまうほうがいいです。

あなたから別れると言い出すと

驚くほどの執着を見せてきてストーカー化してしまう恐れもありますので

できるだけ彼のほうから別れるといったときに

あなたが彼の言っていることに納得した、という形でそのまま別れてしまうほうが

いいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする