彼と別れた後に、落ち込まないためには。。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

決して一人じゃない、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の別れるときは

たいてい彼のモラハラが激化したときに

逃げるように別れることが多いとお話をしました。

すべてを失ってしまった、という方も

多いと思います。

家庭、仕事、友達、親、

すべての人からの信用を失ってしまった人もいるでしょう。

自己愛性人格障害の被害だと気付いた時には

ショックも普通の恋愛が終わったときよりも

はるかに大きいでしょう。

今までの時間を悔やむ人もいます。

でも、Tiaraが言いたいのは

決して一人じゃないってことです。

自己愛性人格障害について

ある程度、調べた人はわかると思いますが、

被害者はびっくりするほど大勢います。

こんなにも理不尽な話が

自分の周りでは聞いたことがなかっただけで

驚くほど同じ経験をしている人が多いのです。

理由は、自己愛性人格障害の人は

何度も同じことを繰り返していますので、

自己愛性人格障害1人に対して、

被害者は、数名いると思われます。

言ってもわかってもらえないので言わないだけで

本当は驚くほどたくさんいるのです。

以前のブログでお話ししましたが、

被害者になってしまった人は

この理不尽な経験を誰かに分かってもらうのが一番ですが、

世間の人にはなかなか分かってもらえません。

だから被害者同士が集まると、

驚くほど気持ちが分かり合えるので、

孤立してしまった被害者同士が集まれる場を作りたいと思います。

中には、ぜひ参加したいとコメントを送ってくださった方も

見えるので、できるだけ早く開催したいと思いますが、

皆さん住んでいるところがばらばらで

会場の面でもどこにすればいいかとか

難しい面もいろいろあります。

Tiaraも初めてのことなので、いいアイデアがないか

一所懸命考えています。

皆さんも何かいい意見があったらコメント欄に

コメントしてくださいね。

ぜひ参考にさせてもらいます。

でも、今も苦しんでいる人は

大勢見えて、少しでも早く脱出したいと思っているでしょう。

なので手始めに、

オンラインで集まれる場を作ろうと思います。

こちらのサイトにコメントをくだされば

順次、返していきますが、

もっと気軽にいつでもつながれたらいいなと思い、

LINE@のグループを作ろうと思います。

これなら皆さん

北海道でも沖縄でも

いつでも集まることができると思います。

そして順次、

直接集まれる機会も作ろうと思いますので

皆さんもうちょっとだけ待っててくださいね!

Tiaraも皆さんに逢えるのをとても楽しみにしています。

被害者の人は1人じゃないのです。

むしろ心から優し過ぎる人がほとんどだと思いますので

安心して付き合えると思います。

気持ちも分かり合えるし、最高の関係になれるんじゃないかと

ワクワクしています。

それまでは、随時ブログを更新していきますので、

少しでも前向きになれるよう

あなたの未来のために頑張りましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara より:

    こんにちは。何度目かの自己愛性の男性に捕まりかけ、脱価値化され逃げているものです。

    オンラインの集まれる場所、よろしければ教えていただけませんか?

    • Tiara Tiara より:

      福様

      Tiaraのサイトを訪れていただき、ありがとうございます。
      オンラインのコミュニティはまだ構築していません。

      Tiaraには子供もいて、今は、昼間は普通の会社員として働いています。

      サイトが大きくなってまいりましたので、自己愛性人格障害の被害者の方を
      もっと助られる場を作っていきたいと思っております。

      近いうちに少人数で集まれる機会を作れたらと思っています。

      まだ、サイトを立ち上げたばかりで、準備段階ですので、もうしばらくお待ちください。
      近いうちに、コミュニティの場もしっかりと構築していただきたいと思いますので、
      今は、Line@のほうより、いつでもご質問に答えていきたいと思います。

      とりあえず今は、サイト上部のメニューバーよりTiaraコミュニティに入っていただき
      Line@の登録をお願いします。

      できるだけ早く被害者同士のコミュニティの場も設けさせていただきますので、
      その際は優先的に連絡させていただきます。

      よろしくお願いします。