自己愛性人格障害の人とは軽く付き合う

こんばんは♡

 

Tiaraの周りには今も

自己愛性人格障害っぽい行動をする人が数人います。

 

深く付き合ったわけではないので

そうかどうかはわかりませんが、

社内の方で、同年代の男の人と上司のおじさんですが、

見ていて面白いように分かりやすい行動を取ります。

 

特に同年代のほうは

いつもクールな印象で少し冷たい感じもします。

 

おじさんのほうは物腰柔らかく

一見、優しそうにもおとなしそうにも見えるのですが、

若い男の子にいつもぶちぶち言っているのです。

 

若い男の子は謙虚に注意されていると思っているのか

「はい。」「はい。」と神妙に話を聞いています。

 

一見、若い子に仕事を教える面倒見のいい上司に見えるのですが、

その発言がTiaraにはちょっと自己愛っぽく聞こえるのです。

 

「前にも言ったけどなんで覚えてないの?」

「これで3回目だよね。」

「ちゃんと説明しなわからんだろうが。」

 

見せしめのようにも見えます。

でも大声で怒鳴ったり、きついイメージを持った人ではないのです。

 

でも、いつもその若いおとなしそうな男の子に集中狙いで

育てたいとも取れるのですが、

言葉が、教えているというよりは

正義という名に見せかけたいじめのようにも取れるネチネチ加減です。

 

でも、これは非常に難しい問題なので

Tiaraも一応用心しておこう、という感じです。

 

同年代のほうがもっと危ない感じがします。

いつも無言で仕事をしていてぶっきらぼうで

でも、人が何か失敗したときに必ず入ってくるのです。

 

「僕ならそんなやり方はしないな。」

「本社ではそんなことありえない。」

「ちゃんとみてやればミスなんかしないはずですよ。

僕ならそれをちゃんと確認してからでないと提出しないから

ありえないです。」

 

やはり発言が、教えてくれているのではなく

俺はこんなにもきちんとしてるよ、俺はこんなにもミスしないよ、

俺はみんなとは違うよ?

 

発言がすべてそう言っているように聞こえるのです。

それに人が失敗した後で

「俺ならそんなことはしないな。」っていうのは簡単でしょ?

 

その上にその人が仕事できないというアピールもできて

反対に自分ならそんなミスはしないよ、という一言で

その彼が仕事ができる!みたいに聞こえます。

 

そして面白いことに

そのおじさんには、普段クールな同世代の男性も

いつになくニコニコしてサービス精神いっぱいの話をします。

 

ご機嫌を取っているような。。

少しやりすぎのような。。。

 

あんた、そんなキャラじゃないでしょ?みたいな。。。

 

自己愛性人格障害同士のどちらの立場が上かという

典型的な例を見ているようで面白いです。

 

自己愛性人格障害のことが分からなかったころのTiaraなら

この二人と仲良くしようと無意識のうちにしていたでしょう。

 

なぜなら、怖いからこの二人には取り入っておいたほうがいいと思い

それこそ、ほんとは嫌なタイプなのに

怖いからこそニコニコしていたかもしれません。

でも、いまはそれはしません。

 

そのほうが危険だからです。

 

一番いいのはその二人にTiaraに対して関心を持ってもらわないこと。

そのほうが安全です。

 

でも怖がったり、言うことを聞いたり

こびてしまうと大変なことになります。

 

あくまでも疑いで、自己愛性人格障害か定かではないのですが、

もしそうだった時のために

その人たちのいる前では、Tiaraはプライベートな話はしません。

 

特に、1人は上司なので話をするときは

「今、お話ししても大丈夫ですか?」とお伺いをたてて

要件を伝え、最後にできるだけ明るい笑顔で

「ありがとうございました!」といってすぐに立ち去る。

 

長居は不要です。

同世代のほうは、業務上話すことは多いのですが、

できるだけ短く聞きたいことや言いたいことだけ伝えて

すぐに去るようにしています。

 

この方にはあまり笑顔は見せず淡々と話し、

それでも敵対心のない柔らかめの表情ですぐに立ち去ります。

 

かまってほしそうにしているときや、

聞こえるように自分がいかにほかの人よりも優れていて

自分はいつもこんなことしてあげてます、見たいな話をしているときは

「へえ~」などと言って話に入るようなことはせず、

わざと忙しくてそれどころじゃない、というような雰囲気で

黙々と仕事をしています。

 

まるでその人の話は聞こえていないようにふるまいます。

 

なぜかというと、

みんなが話を聞いているのに

私は聞かないわよ、というような態度をとっていると

(こいつ、俺に逆らいやがった)と思われて

絶妙なタイミングでそのあと時間がたってから

いちゃもんをつけられたりするのが嫌ですから。

 

仲良くもしないけど仕事上は普通にしゃべる、

仕事が終わればパタッと帰る人、と思われれば

今後、彼に反応しなくてもよい環境が作れます。

 

逆にご機嫌を取るような行動をとり、

そのあと嫌になって急に関心がないような態度をとると

全力でつぶされるかもしれないからです。

言わなくてもいいことは言わなくてもよいのです。

 

あくまでも初めから人に興味がないという態度を取っておけば

向こうも相手にしなくなります。

 

でも社内を見渡すと

その人が機嫌が悪いと周りの人が

その人に気を使うような環境が出来上がっています。

 

仲良くすることもやめておいたほうがいいのです。

 

あなたもそろそろ話せばわかる、というスタンスを捨てて

よく相手を見て相手が自分のことを相手にしていないようであれば

あなたも相手にしないのが賢明です。

 

そして、あなたも自分のことだけに集中してみましょう。

そして自己愛性人格障害とは特別なことではなく

日常にちょいちょいいるので、自己愛性人格障害を見る目は

養っておいたほうがいいと思いますよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください