自己愛性人格障害の人は、計画的ではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

計画的にやっているわけではない、

ということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

はじめ、あなたを熱烈に口説いて、

自分のものにし、その後ターゲットとして

自分のいらいらしたときに

怒りをぶつけるように

だんだんと、なっていったと思います。

でも、自己愛性人格障害の人って

はじめから計画的に

あなたをターゲットにしようとしているわけではないんです。

自己愛性人格障害の人の人間関係は、

なぜか同じことを繰り返していると

思うのですが、

彼が、自分ではじめからあなたに

精神的虐待を目的に、

近づいてきているわけではないのです。

たまに、自己愛性人格障害の人から

別れ話をされて、

本当にそのまま別れてしまった場合、

結婚詐欺と間違える人がいるのですが、

彼は、故意にそうしているわけでは

ないのです。

自己愛性人格障害という病気のため、

はじめは、あなたに魅力を感じて

あなたに近づき

普通の恋人同士のように、彼自身、

あなたに恋をしていると思って

近づいてくるわけですが、

なぜかだんだんと、

あなたに自分の怒りをぶつけて

すっきりとしたくなり、あなたを便利に使って最後には捨ててしまいます。

(あなたに価値がなくなった、

と思った場合は、捨ててしまいますが、

ターゲットとしてあなたを扱っても、

あなたが逃げていかない場合、

もしくは他にターゲットになりそうな人が

いない場合は

ずっと一生あなたから離れない場合もあります。)

それは、自己愛性人格障害の症状として

嫌がらせの勢いを強めていくうちに

そうなってしまうのです。

だから、あなたへのモラハラ行為を

はじめから計画して、

あなたに近づいてきているわけではなく、

だんだんにどうしても

そうなってしまうのです。

だから、結婚詐欺でもなんでもないし、

虐待をしてやろう、とか、

あなたはおとなしそうだから

マインドコントロールできそうだ、と

近づいてくるわけではないのです。

どうしても見た目は普通の人と、

同じように見えてしまうので

むしろ、

普通の人よりも賢く、頭がいいように

見えてしまうので

悪意があってやっているように思えて

辛くなりますが、

自己愛性人格障害のひとも

それをやめられないのです。

後から、どうしてそうなってしまったか

本人も、悩んでいるのです。

だからといって被害者の人からすると

許されることではないのです。

だから、一番の解決法は、

あなたが自己愛性人格障害について理解し、

それは、仕方のないことだと思って、

あなたの心を守るために、

彼から離れるのが

一番いい方法なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする