心の中で無視をする、という付き合い方

こんばんは♡

元カレと付き合う前は、

Tiaraはとても人を信じやすいタイプでした。

別の言い方をすれば、

騙されても気づかないタイプでした。

いわゆるお人よしです。

世間では「お人よし」という言葉を

なんとなくいい意味で使っているように

思えます。

人がいいから騙されちゃうけど、

なんか憎めないよね~、みたいに。

でも、その、「お人よし」が

そんな生易しいものじゃなく

とんでもなく恐ろしいことを生み出していることに

みんな注意がいっていません。

あ、それだと少し語弊があるように思います。

正確には、周りがみんな、普通の人ならば

「お人よし」は個性の1つとして

そんなキャラをみんなが分かり合って

成り立っていくでしょう。

でも、相手が自己愛性人格障害だった場合、

「お人よし」は

確実に

ターゲットになってしまうでしょう。

昔は信じやすい性格だったTiaraも

もう2度とそんな思いはしたくないので

自己愛性人格障害には敏感です。

少しでも、自己愛っぽい人を見ると

そんなに親しい間柄でない場合、

なるべく近寄らないようにします。

仕事で関わる人だったり、

どうしても無視できない人物の場合は

関わりは最低限で

仕事の話以外はしません。

この時、敵意は持ってはいけません。

どうしてかというと、自己愛性人格障害は

敵意を見せると

全力でつぶしにかかってきて

絶対に勝てないからです。

どうすればいいのかというと

仕事の話はきちんとして

その話が終わったらさっと引いて

もうその人のことは

全く関心がないようにし、

また、打ち合わせなどが入った場合は、

きちんと話をし、そしてまた、

関わらないようにすればいいのです。

心の中で無視をする、といいますか、

決して態度に出してはいけません。

あくまでも、

(あなたには関心がありませんよ)もしくは

別のことに夢中になっている、

という態度をとればいいのです。

すると、相手もあなたに興味を持ちません。

すると、不思議なことに

争いは起きなくなります。

これが敵対心ではなく、相手が異性で

恋心を持ったとしても

はじめのうちは幸せかもしれません。

でもだんだんと、気づかないうちに

自己愛性人格障害から、

精神的な、あなたが自分で気づかない虐待を

受けることになっていくのです。

一番平和に過ごすのは、

同じクラスの違う仲良しグループの子、

というイメージを持つことが、

一番平和に過ごす付き合い方です。

けっして、個人的な付き合いになるのは

避けましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする