これ以上自己愛性人格障害の被害を出さないために

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は同じことを繰り返している、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

その脳の構造上、同じことを繰り返している、と言います。

彼の過去を知るチャンスがあれば

何気なく聞いてみるのもいいのかもしれません。

自己愛性人格障害の人も

毎回同じことになるので

あなたとの未来はないことも

知っているのかもしれません。

Tiaraの元彼もよく

上手くいっているときでさえ、たまに

「俺がいなくなっても」とか

「俺がいなくなったら」という言葉をよく口にしていました。

その時は、

いなくなることなんてないのに

変だな。。と思っていたくらいでした。

幸せが続かないことは知っていたような気がします。

もしかしたら、Tiaraとうまくいっているときは

Tiaraには感情を出さないようにし、

ほかのところで感情をぶちまけていたのかもしれません。

とにかく、その時は

まだTiaraはターゲットにはなっていなくて

だんだんに安心して

時間がたつにつれ、ターゲットになっていったのかもしれません。

彼自身、

何度も関係をダメにしているので

そのうちにモラ化することを知っていたのだと思います。

できるだけ長く一緒にいたい、とも言っていました。

Tiaraは怖がらせちゃいけないんだ、

とも言っていました。

自己愛性人格障害の人は

たまに本当のことを口走ってしまうのです。

後から考えたらこんなことを言っていた、と

被害にあった人から良く聞きます。

自己愛性人格障害の人は、

なんとなく自分が普通の人と違うことに気が付いているのです。

気が付いていても

それを止めることができないのです。

彼の育った環境によって

自己愛性人格障害に育ってしまっていて、

自分ではどうすることもできないのです。

この病気のことがもっと世間に知られるようになっていって

子供を育てるときにしてはいけないこと、

愛情をもって子供を育てないといけないということを

皆さんに知ってほしいです。

自己愛性人格障害とは、

その人の人生も、その人を愛してしまった人の人生も

確実に壊してしまう、

恐ろしい病気です。

そして周りの人にも分かってもらえないまま、

被害にあった人が悪者になり、

その場所で生きていけなくなってしまうのです。

しかも、自己愛性人格障害の人に

罪悪感はありません。

これほど理不尽で、最悪な病気はありません。

学校や会社でのいじめなども

ほとんどがこの病気ではないかと

Tiaraは考えています。

それによって命を落としてしまった人も

離婚をしてしまった人も

仕事を失ってしまった人もいるでしょう。

そして、被害者自身が悪者にされ、

誰にも助けてもらえることなく

その存在を消していくのです。

自己愛性人格障害の人も

将来的には孤独になり、

1人ぼっちになってしまうでしょう。

自己愛性人格障害の人を育てた親も

何らかの問題があると考えられています。

そして今、自己愛性人格障害は

増えてきている、とも言われています。

自己愛性人格障害を無くす第一歩は

世間の人たちが、

この病気について知る、ということが大事だと考えています。

しかし、自分に関係のないことには

みんな無関心です。

だから、自己愛性人格障害を見つけることも

無くすことも難しいのです。

少しでも多くの人にこの病気について知ってもらうには、

被害にあった人の話を聞いてもらうことが

大事だと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする