言葉巧みにあなたを操る自己愛性人格障害

こんにちは♡

今日は、元カレと別れて1年後のTiaraの心境について

お話ししたいと思います。

 

振り返ってみると

楽しい出来事も辛い出来事も

すべて彼が自分で起こしていた出来事だったなあ思います。

 

出会った頃、初めからTiaraのほうが

彼に憧れていたり仲良くなりたいなあと

思っていたわけではありません。

 

まったく眼中になかった彼が

ある日、ふと目の前に飛び込んできて

Tiaraの生活をみるみる素敵なものに変えていったんです。

 

よく自己愛性人格障害との恋は

ジェットコースターのようだと表現するのを見かけるのですが

まさにそんな感じで

言葉巧みにTiaraを誘い出し(はじめはほんとにしつこくて

困った時期もありますが)でもなぜか憎めず、彼の人柄が

とても好印象でしかも毎日彼のことを

思い出させる材料を次から次へと放り込んでくるのです。

 

あっという間に信用させて

しかもTiaraには子供たちもいましたので

子供たちも夢中にさせてしまう。

 

彼のTiaraを口説いた話を聞いて

手連手管のような人だね。といった人がいます。

お恥ずかしながらあまり言葉を知らないTiaraは

何のことだかよくわからなかったのですが、

ネットで手連手管と検索してごらん、と言われ検索してみると

言葉巧みに相手の心をおもい通りに

操るというような意味があるようです。

 

興味のある人は検索してみてください。

 

Tiaraは以前にも話しましたが、人は性善説のほうであると

考えるタイプですので見たままの彼が

何かを考えているとは思いもしません。

 

今でも、自己愛性人格障害というものが

どういうものの見方をしているか知ってはいますが

彼が人をだましていたとはとても思えないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がそんなひどいことをしているということを

自覚しても生きていけないほどのショックを受けますので

自分さえもそんなことはしていないと本気で

思い込むので、はた目にみても

罪悪感が全くありません。

 

だからある程度分かるようになるには

年月が必要なのかもしれません。

できるだけ早く気づけるといいのですが、

分かりにくいため何年も付き合ってしまう人が

ほとんどでしょう。

 

自己愛性人格障害の人にとっては、

自分のことを本当に大切に思ってくれる人が

そばにいてくれるだけでどんなに幸せなのかが

理解できません。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人以上に人の心を

思いのままに操ることができるので

そんなに幸せなことはないはずなのに

それを、全部たたきつぶしてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人も

絶対に幸せになれないのです。

 

好きな人と付き合うこともできなくて

悩んでいる人もいる中

好きな人を自分の思い通りに操れるのに

こんなにも残酷なことをする種類の人間もいるというのは

本当に不思議なことだと思います。

 

いくら頭が良くても、

いくら弁がたって説得力があっても

そこで彼の異常性に気づくはずです。

 

でも彼の異常性は被害者にしかわかりません。

自己愛性人格障害の人は

この人には出したらまずいと思う人には

いっさい、出さずにいることができるのです。

 

そういう人にあなたが言ってしまえば

あなたの話はとんでもなく間違っていて

あなたが変な風に思われてしまいます。

 

だからできることは、人に分かってもらおうとするのではなく

自分で黙って去ることなのです。

 

分かってもらえないから自分のほうが

間違っているのではないかと

彼と一緒にい続けると

あなたが誰にもわからず彼に潰されるだけです。

 

それは彼にも止められないので

とにかく早めに逃げてください。

 

そして彼を説得するのではなく

(説得しても彼にはわかりません。分からないというより

自分より低い人間とあなたのことを思っているので理解しようとしません。)

自己愛性人格障害のいない世界で

あなたの人生を新たに始めてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください