共依存の人がもつべき自立心

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

持つべき自立心について

お話ししようと思います。

あなたが、

自己愛性人格障害の被害者だった場合

とても辛い思いをしてきたと思います。

Tiaraは何度も

心臓が止まりそうになる思いを

しました。

そこまでの恐怖心になるまで

自分で自分の気持ちに

気づかないようにしていたと思います。

我慢しない人ほど

それほどひどいことにはなりません。

あなたは心のどこかで

みんなに好かれようとしていませんか?

世の中全員に好かれるなんて

不可能なことなんです。

人に嫌われることを

極度に怖がることは

自己愛性人格障害の人と同じで

心の奥底で、

みんなに好かれたいと思っています。

人に嫌われたくないために

嫌なことを嫌だと

言えなくなっているのです。

自己愛性人格障害の人は

嫌なことを人に押し付けますが、

共依存の人は、

自分が人の嫌がることをすることで

人に好かれようとします。

そうすることによって

どんどん無理難題を

受け入れてしまうのです。

すると自己愛性人格障害の人は

受け入れるあなたを見て

どんどん自分の無理難題を

押し付けていきます。

あなたが無理をすれば無理をするほど

自己愛性人格障害の人は

自尊心を満たしていき

自分のために無理をするあなたを見て

もっと無理なことをやらせてみたくなります。

これが自己愛性人格障害の人の

自然な心の動きで

だんだんとお互いに

無理を受け入れる人と

無理を押し付ける人の関係が出来上がっていきます。

それがモラハラなのです。

あなたが、

今後2度と、自己愛性人格障害の被害に

あいたくないと思うのでしたら

好かれる人と嫌われる人がいることを

当たり前に受け入れてみてください。

人間は誰とでも合う人なんて

いるはずがないのです。

それが個性というもので

どちらにもいい悪いはありません。

あなたが誰かに嫌われたとしても

それは別の誰かから好かれることもあります。

それを当たり前に受け入れられる人は

無理に嫌なことを受け入れたりしません。

それが普通なのです。

共依存の人は

人に寄り添うことで

どこかで人に幸せにしてもらおうとしています。

好かれるために無理をしてきたことで

むしろその場にいられなくなるほどの

ひどい思いを体験しています。

あなたのその潰された自尊心は

あなたの両親や周りの人から

あなたには価値がないと潰されています。

でもそんなことはありません。

そういった人たちのほうが

むしろおかしかったんだなと

気づくようになりました。

Tiaraも幼いころに

よく何もしていないのに

怒られて

母に怯えていました。

何をしたら怒られるのか分からず、

何をするにもびくびくして

なにもしていなくても

怒られたりののしられたりしていました。

大人になって分かるのですが

Tiaraの母は自分に自信がありません。

頭がよくて仕事ができる父に

頭も悪く専業主婦の母は

娘のTiaraだけには唯一勝てる存在だったのです。

あと父が海外旅行が好きだったり

徹夜でマージャンをよくする人だったので

さみしかったようです。

特に浮気をするとか

暴力を振るうとかそういったこともなく

優しい父です。

それでも

不在がちな父への不満から

ストレスが娘のTiaraに来たのだと思います。

今は、何もできない母が冗談ぽく

Tiaraをからかうのですが

なにもできないし誰にも勝てないから

笑って許してくれるTiaraに甘えて

からかったり怒ったりして

優位に立っていたんだなと分かります。

でも

当時は子供だったので

相当怖かったです。

母にののしられたりからかわれたりしていたので

なんとなく自分に自信を無くしていました。

それが、

Tiaraの自信のなさにつながっているのかなと

なんとなく分かります。

母が自己愛性人格障害かどうかは分かりませんが

少なくとも

わざわざ波風を立てて

激化するところまで行ってはいないので

おそらく違うと思います。

それでも

自己愛性人格障害の彼と知り合って

お付き合いをし

だんだんにモラハラ化していってしまったのは

Tiaraのそういった自信のなさから

きていたのかもしれません。

そういった扱いを両親から受けて育ったことで

元彼の自己愛性人格障害が

激化してしまったのかと思うと

辛いです。

彼を引き寄せたのも

もしかしたら

そういったTiaraの自信のなさから

来たのかもしれません。

自己愛性人格障害の被害にあったあなたは

あなたに価値がないと思い込んでいるのは

幼いころの経験のせいで

あなたは価値のない存在などでは

決してない、ということに

気づいてください。

そしてあなたにも苦手な人がいるように

あなたのことを苦手な人もいて

そしてあなたの魅力が分かる人は

必ずいるので

あなたをののしる人とつきあっったりせずに

あなたを想う大切な人と幸せな人生を送れるよう

自分に自信を持つようにしてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする