共依存の人は、自分を大切にする気持ちが欠けている

こんにちは♡

今日は、共依存の人は

自分を大切にする気持ちが

欠けていることについて

お話ししたいと思います。

あなたは、彼と付き合う時、

自分に無理をしていませんか?

あなたが忙しくていけないのに

彼に合わせて、時間に都合をつけたり、

本当はしんどいのにしんどいと言えなかったりしませんか?

自己愛性人格障害の人は

あなたが自分のために無理をすることを

求めます。

自己愛性人格障害の人が、

自分を称賛してくれる相手、

必要としてくれる相手を求めることは

確かなのですが、

あなたがもっと自分を大切にしていれば、

自己愛性人格障害の人もだんだんに

無理は言えなくなるのです。

自己愛性人格障害の人は、

言える人にはとことん言いますが、

言えない人には全く言いません。

いう気も起きないのです。

彼が、激化したのは、

あなたがそこまで許してしまったからで

許さなければ、

とことんまで無理を言ってくることもないのです。

その代わり、無理を聞いてくれるひと、

彼を称賛しまくる人が、現れたときは

あっさり

その人のところに行ってしまうと思いますが、

あなたは自分自身を守ることができます。

あなたは、自分を守ることよりも

彼に何をされても彼についていくことを

望んでしまっているのです。

自己愛性人格障害の人は、

他人の心以外のことに関しては

学習能力はあります。

だから自分を犠牲にして

そばにいてくれる人には

とことん犠牲にしてその人を潰して

それでも一緒にいてくれようとする人を

離しません。

でも、犠牲になるのが嫌だといった場合は

しがみつき行為をして

激化してしまうのですが、

それでも嫌だという相手には

何もできなくなってしまうのです。

自己愛性人格障害の人は

自分が嫌われることに対して

極端に臆病なのです。

彼は本当は、

本当に臆病で自尊心の低い人間です。

弱い人間に対してはとことん潰すのです。

共依存症の人は

自尊心が低すぎるために、

自分を犠牲にしてでも

相手に寄り添います。

そして、自己愛性人格障害の人は

そういった人を求めるのです。

お互いに恋だと勘違いしてしまいますが、

自己愛性人格障害の人の好きだという気持ちは

自分を犠牲にでもしてでも

自分に寄り添ってくれる人への依存なのです。

あなたが自分をもっと大切にしていれば

自己愛性人格障害の人との恋は

始まらなかったのです。

あなたが幸せになれる恋をするために

あなたはもっと

自分自身のことを大切にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする