自己愛性人格障害のひとは、彼女を常に不安にさせる

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

ほかの女性をわざとみせる心理

について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとでよく

他の女性の話を彼女にするかたが

みえます。

 

普通の男の人は、

浮気は隠すものです。

 

本来、浮気自体もだめだとは

思いますが、

彼女との仲をこじらせたくない場合、

浮気をしていても

ばれないようにするのが、

普通の人だと思います。

 

それでも浮気じたい、

嫌だとは思いますが、

この場合、

浮気相手よりあなたの方が

大事にされています。

 

もし、浮気相手に、

彼女の存在を隠しているとなると、

それは

二人とも失いたくないと思っていて、

彼の中ではまだどちらが大事か

決めかねている感じです。

 

ところが、

彼が自己愛性人格障害の場合は、

彼女をわざわざ不安にさせます。

 

彼女に安心してもらっていては

困るのです。

 

できるだけ彼女が不安な状態に

なるようにし、しかもその不安を

彼に言えないように

我慢させるのです。

 

彼のこういった行動がみえた場合、

まず自己愛性人格障害と疑って

間違いはありません。

相手が苦しむところをみたいのです。

それも限度なく。。。

 

なので、彼女が怒ってきた場合、

あわてふためく、ということは

ありません。

 

逆に、

あなたが責められることに

なるのです。

 

そして、言うことが聞けないのなら

あなたを捨てる、

という形をとります。

 

あなたが、じゃいいよ、と

離れていきそうなときは、

そんなことはしません。

 

むしろ仲が深まって、

あなたが彼から

離れられないような状態に

なってから、

徐々に、あなたを不安にさせることを

強めていきます。

 

自己愛性人格障害の人と

お付き合いをしていても

幸せになれない、と

いつも言うのは

こういったことが

理由になっています。

 

つまり、はじめは

お互いに惹かれあい

普通の男女がお付き合いをするのと

同じように出会いますが、

その二人の性質から

だんだんとモラハラ化し、

だんだんに勢いを強めます。

 

すると、自己愛性人格障害の人は

それだけではだんだんと

物足らなくなってきます。

 

あなたを責める材料を

無意識のうちに集め続け

あなたが少しでも

楽しそうにしていたり

笑っていたりすると

あなたにはそんなつもりがなくても

あなたを潰さないと

自分がつぶされるような

憎悪感をいだきはじめ、

それがだんだんと強くなっていきます。

[ad#co-1]

 

そのうちに

あなたがそばにいるだけで

腹が立つようになり

あなたが苦しむような状況を

自分から作り出します。

 

 

あなたが身動き取れなくなるほどに

孤立させ

彼以外の人間を

あなたから排除して

そのうえで、彼は

いつでもあなたを捨てられる

というアピールを常にされるのです。

 

そして、あなたは苦しみ

しかも泣くことも許されず

相談する友達もいなくなり

彼は好き放題やるのです。

 

そしてそこであなたが

どんどん潰されていく様を見て

少しだけほっとできるのです。

 

ほかの女性を匂わせるのも

この嫌がらせの一環で

こんなことを

立て続けにされてばかりいると

あなたは苦しくなり

常に怒りを持って

通常の神経では

いられなくなるのです。

 

そこまで来てしまうと

周りから見ても

まさにあなたのほうが悪者にみえて

誰もあなたの言うことを

信じてくれません。

 

あなたの優しすぎるところが

自分の首を絞めていくのです。

 

そしてあなたは

だんだん自分の感情さえ

分からなくなっていくのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください