周りの声までもあなたを傷つけることについて

こんにちは♡

今日は、あなたが誰かに分かってもらいたくて

彼以外の人にあなたの気持ちを話すことについて

お話しします。

 

体の傷は目に見えますが、心の傷は目には見えないですよね?

自己愛性人格障害からの攻撃は、

周りに見えないように行われます。

 

そしてあなたにもよくわからないため、

あなたは、よく友達に相談したりしていませんか?

 

もしかしたら自分が間違っているのかもしれないけど、

彼は本当におかしいのか

自分の判断に自信が持てません。

 

だから友達に話すのですが、

自己愛性人格障害は特殊なやり方をするため

その被害に合った人にしか

そんなことをする人がいるということは

想像ができません。

 

からだが傷ついているのはみれば分かります。

 

でも心の中は、目には見えませんよね?

たとえばその人がひどく傷ついていても

我慢強い人で、他人に自分の痛みを見せないような人なら

心がどれほど傷ついているか分からないですよね。

 

自己愛性人格障害は、ひどく臆病で

ターゲット以外には、自分がひどいことをしていることを見せません。

すごく上手なのです。

 

ひどいことをされているのに

頑張れと言われたり、

彼はそんなひどい人に見えないよ?と言われると

その言葉は、被害者をどん底まで突き落とします。

 

自己愛性人格障害の人の被害に合うような人は、

共依存のため

相手に認めてもらうために

必死で努力する人が多いと思います。

 

そして思いやりから、

その努力を見せないようにする人が多いと思います。

でも、それでは目に見えるわけではないので

周りの人には、分からないのです。

 

昔から美徳とされてきている、人知れず

する努力というのは

分かってもらいにくいのです。

 

日本の美徳を守り抜いて

本当に大切にされてきた人は、

周りに自己愛性人格障害がいなかった人です。

 

もし、周りに自己愛性人格障害の人がいれば

一番にターゲットにされてしまいます。

 

一生懸命頑張っていても、

本当に見てくれている人は

確かにいますが、

気づかれないことも多いのです。

 

そこで、自己愛性人格障害の人に

悪い噂をたてられても

気づくこともできません。

 

もう少し周りをよく見て

自分を守るすべを身に着けることです。

 

違う時は、違うと、

自己愛性人格障害ではなく

周りの人にきちんというのです。

 

自己愛性人格障害の人本人に

はっきり言ってしまうことは

彼を刺激して怒りを買う可能性があるので

やめておいたほうがいいでしょう。

 

いうなら、あなたのことを信用してくれる人に言うのです。

 

もうすでに

自己愛性人格障害の人が

周りの人に言っていた場合は、

周りの人も含めてあきらめましょう。

 

自己愛性人格障害も人は

話が通じませんが、

周りの人には上手にいう力があるので

周りの人ももう自己愛性人格障害の人を

信じています。

 

そういう時は、

周りの人ごとあきらめましょう。

 

そして、あなたを信じてくれる人だけで

新たにあなたの世界を作るのです。

 

 

周りの人は悪くはありませんが、

自己ア性人格障害の人には絶対に勝てませんので

説得しようとはしないでください。

無駄です。

 

仕方ないと思ってあきらめましょう。

 

あなたを信じてくれる人だけで

あなたの世界を作ってくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください