抜け道

こんにちは♡

あなたは休みの日は何をして過ごしていますか?

Tiaraはお友達と飲みに行ったり

ショッピングをしたりして楽しんでいます♡

街にでるといろんなものが並んでいて

ぶらっと入ったお店ででも可愛いものを見つけると

つい買ってしまいます。

最近は

定期入れのとてもかわいいものが出ていて

ついつい買っちゃいました。

もし、

あなたの彼が自己愛性人格障害だったと

確信したときはどうしますか?

Tiaraもいろいろな解決法を探しましたが、

モラハラ系のサイトに書いてある解決法は

「別れるしかない」と書いてあるものが

ほとんどでした。

でも。。。すぐに別れられますか?

怖いという気持ちが先行してしまった場合にはまだ、

別れられる見込みはあるのかもしれません。

でも、まだ、彼が好き、愛情がある、

という人がほとんどなのではないでしょうか?

自己愛性人格障害にはその、物の考え方ゆえに

魅力的に映ってしまうものがあります。

Tiaraも素敵だと思っていたのもそれゆえ。。。

どうしても嫌いになれません。

ましてや別れるなんで切なすぎます。

これのひもを解いていくには、

自己愛性人格障害について深く知る必要があります。

分かってくると

それでも別れなければとんどもないことになる、

ということがわかってくるのです。

Tiaraはね、変な話、興味がわいちゃったんです。

自分の愛する人がそんな性質を持っているなんて

知りたくもありました。

解決したくもありました。

どうしても彼がひどい人間には思えなかったんです。

今は、自己愛性人格障害というこの病気について

かなり理解しています。

それでも彼のことは嫌いにはなれないのです。

ひどいことをされているのも十分にわかっているし、

Tiaraのことをあんなにも好きだと言っていたのも

今となってはどういう気持ちから言っていたのか

分からなくなることもあります。

それでもそれは彼のせいではないんです。

自己愛性人格障害の人は、育ってきた環境に原因があるといわれています。

多くは近しい人物(親や家庭環境)から

正当な評価や愛情を得られず、

認めてもらうことがなかった人が多い、と言われています。

例えば、とても厳しい親に育ててられ、

どんなに頑張って90点をとっても認めてもらえず、

また死に物狂いで頑張って95点とっても認めてもらえない、とか。

あるいは、真逆でなにをやっても怒られない、過保護や過干渉

という家庭で育った人も、そうなりやすい、と言われています。

あるいは、父親が母親を虐めるところをずっと見ながら育ってきたとか、

とにかく自分の信じている人物から

当たり前に与えられる愛情が与えられず、

育ってきた人が、

それに耐えられず、自分の自尊心を持てなくなってしまった人たちです。

Tiaraもそれらしい話を彼から聞いたことがあります。

うちもあまりなかのいい両親ではなかったので(今は違いますが)

そんなのどこのうちでもあるのに。

と軽く考えていたくらいです。

とにかく、親の前でよい子を演じてきた結果、

だんだんとそうなってしまったのです。

親の喜ぶ顔が見たいがためにそうなってしまった彼らもいわば、

被害者と言えるのかもしれません。

それでも、それが誰かを犠牲にしていい理由にはなりません。

もし、自己愛性人格障害だと気付いたのなら、

できるだけはやく離れるのがいいといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする