絶対にモラハラ被害者になりたくない人へ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭わない方法を

お話したいと思います。

 

みなさん勘違いしている方が

多いと思うのですが、

自己愛性自覚障害の人が

イライラしているとき

彼を分かってあげようとか、

話を聞いてあげようとか

ご機嫌をとろう、と思う人が多いのですが

それは絶対に

やってはいけない行為になります。

 

普通の人なら、

イライラしているときや機嫌の悪いときに

話を聞いてくれたり、

寄り添ってくれたり、

ご機嫌をとることによって

イライラしている自分を反省し

さっきはごめんね、といってくれるか

言わないまでも悪かったな、と反省し

今後の態度を

改めようとしてくれると思います。

 
自己愛性人格障害のひとは

普通の人と間逆の反応なので

あなたが寄り添ったり

話を聞こうとしたり、

ご機嫌をとってきたりすると

さらにイライラを強めてきたり

怒鳴ったりします。

 

 

あなたに非がないほうが

むしろ虐待される可能性が

高くなるのです。

 

このため、普通の人は

反対の行動に出てしまうので

どうしてもイライラをぶつけられる羽目となり

これを繰り返すことによって

だんだんとターゲットの候補の1人になります。

 

自己愛性人格障害の人の感覚を

普通の人と同じように考えてしまうと

本当に恐ろしいことになります。

 

本当におそろしいこと、

と言うと

暴力を振るわれたり

大きい声を出されたりと

見るからにひどいことは

やらない可能性のほうが

高いです。

 

なぜなら尊大な自分だと思い込んでいるので

見た目に醜いひどいことは

しないようにふるまっているからです。

 

でも、絶対に手を出さないと言うことでは

ありません。

 

あなたが誰にも言わないと踏んで

しかも誰にも分からないと思えば

手を出す可能性も出てきますので

彼を見ながら判断していってくださいね。

 

基準が自分が立派な人間かどうかで

そう見られるように

しかも自分でもそう思い込めるように

必死なのです。

 

そこが自己愛性人格障害の人と

正反対なのです。

 

そして彼が

自己愛性人格障害の人だった場合、

尊大な自分を常に見せ続けているので

頼りがいのある素晴らしい人のように

映ることがあります。

 

それでどうしても

共依存症の人も

自尊心が低いので

頼りがいのある人に

必死になって寄り添おうとするので

モラハラはだんだんひどくなるし

あなたはじわじわと

ターゲットになっていきます。

 

そして

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

我慢強い人が多いのですが、

我慢していることによって

モラハラを隠してしまっていて

さらに自分がひどい目にあっています。

 

かといって相手に伝わってしまうような

嫌な態度に出てしまうと

自己愛性人格障害のひとの

怒りを刺激してしまうことになり

さらに極度強い嫌がらせをしてきて

本当に怖い思いをするので

決して敵対心を見せてはいけません。

 

あなたが、

自己愛性人格障害の人の

被害者になりやすい性質だと分かった場合、

もう人には依存しないほうが安全だと思います。

 

もちろん

彼が自己愛性人格障害でなく

お互いに頑張って

いっしょに歩んでいこうとしている場合は

けんかをしながらも成長していけるので

がんばって歩み寄りをしてください。

 

彼が自己愛性人格障害かどうかで

対応法が

まったく変わってしまうのです。

[ad#co-1]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください