モラハラ行為とは相手の自尊心をつぶし、自分で判断できなくさせる行為である

こんにちは♡

今日は、モラハラ行為とは

相手の自尊心をつぶし、

自分で判断できなくさせる行為である、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害とは

ひどくならないと

なかなか気づかないものです。

 

では、あなたがされていることだし、

確かに苦しいはずなのに

どうして気づかないのでしょう?

 

「どうしてできないの?」

「どうして俺の言ったとおりにできていないの?」

 

Tiaraは初め、この言葉を

Tiaraのためを思って言ってくれていると思っていました。

 

頭がよく仕事も早くて

何をしても要領のいい彼に

ついていけば絶対に大丈夫、と

安心して彼についていっていました。

事あるごとになぜか機嫌が悪くなり

そんなことくらいで?と思うようなことも

指摘されたり、怒られたりします。

 

でも最後に

「あなたのためを思って言っているんだよ。」

と言われてしまうと

自分の彼だし、

ほかの人はこんなこと言ってくれない、

彼の言うことを聞いていれば間違いない、

と思っていました。

 

でも何をするにも

きちんとやらなきゃ、彼に怒られちゃう、

と緊張してやるようになり

なぜかそうすると手が震えて、

余計に時間がかかったり

失敗してしまうことが多くなりました。

 

「なんでできてないの?」

と言われれれば、

自分ができていないことのふがいなさに

自分はダメだとどんどん思っていくようになり

なんでも彼に聞くようになります。

 

Tiaraの意見じゃ絶対にだめなんだ、

彼に聞いたほうが間違いはないんだ、

と思うようになりました。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手の自尊心をつぶし、

自信を無くさせるようなことを言います。

 

それでも攻撃されている、と思えないのは

普段の温かさと「あなたのためだよ。」という一言で

彼がTiaraのことを本当に思ってくれている

と思い、どんなに怒られても

彼の言うことが正しいんだ、

Tiaraは自分で判断したら間違っているから

彼に聞かなきゃとだんだん自分で判断することを

やめていきました。

 

長い間、一緒いる間にできることも

できないようになっていくのです。

 

それでも彼は間違っていないからと

思い込み彼を信じて彼を尊敬し

自分が自尊心をつぶされていることにも

まったく気づいていないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

もともと自分に自信のない人もいますが

付き合っていくうちに

だんだん自信がなくなっていく場合もあります。

 

 

言葉遣いは丁寧だったり優しくても

本当にあなたのことを思っていてくれているか

どうかよく考えてください。

 

本当に自尊心をつぶされて自信がなくなってしまうと

彼がいないと自分はダメなんだと思い込み

彼にいない生活は考えられなくなっていきます。

 

でも、彼がいなくなっても

彼のしていたことを

自分でできるようになってしまえばいいんです。

 

もちろんあなたが

彼といて

本当に安らぎ、

怖い思いや嫌な思いをしていないのなら

そのままずっと彼と一緒にいても

問題ないと思います。

 

ですが、Tiaraのサイトにたどり着いた人は

何かおかしいと思っていたから

こちらのサイトを検索してきたはずです。

 

あなたは本当に価値のない人間ですか?

あなたのできることをよく考えてみてください。

 

「あなたはダメな人だよ。」と

彼にすり込まれているだけかもしれません。

 

彼と知り合う前のあなたはどうでしたか?

 

もしかしたらあなたはただ

自尊心をつぶされていることに気づかず、

自分で判断ができなくなっているだけ

なのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください