どうして彼が怒るのか分からないとき

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のモラハラが激化したときの

行動について

お話しします。

自己愛性人格障害の被害に合われた方は、

みなさん、はじめはとても印象がよくあっという間に引き込まれてしまい

深い関係になっていくと、

数か月から数年でなぜか違和感を感じます。

それが定期的に起こり、

それでも幸せを信じたり、そのうちわかってくれるだろうと

話し合いをしたり折れたりして数年いると、

だんだんに激化して、最後は

夜逃げ同然で逃げてくる、というパターンが出来上がっています。

好きでもとてもそばにいられないくらいの

恐怖につき落とされます。

この時に本当に危険を感じてあわてて逃げる、

という人が多いでしょう。

なぜか、どの人の話も聞いてみると

判を押したように同じなのです。

そしてその彼は、

同じことを繰り返しながら生きています。

激化するとどんな行動に出るのか、

いろいろなパターンをお話ししていきましょう。

長い時間をかけて

彼の言うことを聞くように自分の意見を言わないように

マインドコントロールされた被害者は、

理不尽な扱いを受けながらも

彼と幸せになれると信じて長い間一緒にいることが多いと思います。

彼の言動はあなたとの愛を誓い、

あなたとの幸せな未来が待っていると思わせるような

言動や行動をとるからです。

でも自己愛性人格障害の人の

もともと持っている爆発寸前の怒りを常にターゲットに対して

小出しにして何とか自分を保っています。

ターゲットはマインドコントロールされているので

ほとんど自分の意見を言いませんが、

ターゲットも人間なので

あまりにも理不尽な自己愛性人格障害の言動に

何か言い返すときがあります。

その言い返す、というのは、

激しく抗議する、という分かりやすいものではなく、

こうしたほうがいいんじゃない?

だとか、もう少し私の気持ちを分かってほしい、だとか、

本当にたわいのないものでも

自己愛性人格障害の人から見たらそれは、

あなたが、彼を全否定したように取れ、烈火のごとく

怒りだします。

あなたにしてみれば、そんなに大したことを言ったわけでもないのに

どんどんあなたへの否定を強め、

周りの人にも、どういうかは分かりませんが、

あなたがその場所にいられなくなるほど

評判を落として、暴力を振るわれる、とかいうものではなく、

それなのに恐ろしいほどの恐怖を感じます。

そこで、さすがにおかしいと思い、

調べて「自己愛性人格障害」という言葉にたどり着いて

怖くなり、逃げようとする人もいれば、

彼自身の嫌がらせによって

あなたが極悪人のように周りの人に言われて

周りの人からもものすごく敵意を持たれ、

とてもじゃないけどその場にいられなくなり、

逃げ出す人もいます。

あなたが何もしていないことは

あなたにしか分かりません。

彼があなたにひどいことをしていることも

周りの人にはわかりません。

彼を理解できるのは私しかいない、と思っている人も

このままいたら大変なことになることが

だんだんとじわじわ分かってくるのです。

その時の恐怖は口では言い表せないものがあります。

その行動は、離婚という脅しだったり、あなたを捨てる、という脅しだったり、

浮気という嫌がらせだったり(普通の人はばれないように隠しますが、

自己愛性人格障害の場合は悪びれるそぶりはありません。)

または、会社を辞めさせる、という脅しだったり、

あなたの信用を失わせる、ということだったり。。。

DVや暴力沙汰なら、はた目にもわかりますが、

やり方としては、まず罪にはならないことです。

だからどうすることもできません。

ただ恋愛関係だった場合は、あなたが別れるというのに

「死ぬ」という脅しや強烈なしがみつき、鬼電、ということもあるのですが、

こちらは警察がストーカーということで処理してくれます。

それ以外の場合は、本当にひどいことをされるのですが、

まずあなたの話も信じてもらえません。

だから、助かる方法は、

あなたが、自分から全力で逃げるしかないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする