モラハラを理解する

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

モラハラのやり方と特徴についてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人の嫌がらせって

あなたが嫌な思いをしているはずなのに

どうして自分でもしばらく気づかないか分かりますか?

それは、普通の人の嫌がらせと違って

自己愛性人格障害の人の嫌がらせには、

本人が明確な悪意を持ってやっているわけではなく、

無自覚のうちにハラスメントをしているからです。

イジメや虐待は本来、明確な悪意を持ってやっていることが大前提です。

でも、自己愛性人格障害の人は、

他人からは分からない自分の心の弱い部分を全力で守ろうとするために

無意識のうちにしてしまっているから

分からないのです。

無意識で本人にやる気がないから

許されるべきことなのでしょうか?

小さな分からない程度の嫌がらせを

毎日少しづつ、何年もやり続けられるほうが、

一度ものすごくひどいことをされるよりも

あなたの心に大きなダメージを与えます。

あなたには意味が分からなく、

そしてだんだんと自分に自信を無くしていき

ひどくなると、

彼の前では何をするにもびくびくして心臓がどきどきしてしまったりします。

そればかりが、続けば

あなたもモラハラに気づいて、彼のことが怖くなったり、嫌いになったりして

そのうち心が離れていきます。

しかし、

今度は、熱烈に愛情表現をされ、

自信を無くしていたあなたは

ほっとしてまた彼に寄り添ってしまうのです。

彼が、おかしいことに気づいても

この繰り返しで、何度も彼に寄り添っては

嫌がらせをされ続けると、

今度はあなたのほうが、自分で判断ができなくなり

長い時間をかけて、今度はあなたが病んでいきます。

それがあなたの幸せでしょうか?

いくら彼が魅力的でも、いくら彼に才能があったとしても

あなたの精神を破壊されてしまうのです。

しかも本人は無自覚なので、

自分が悪いとは思わず、本当にあなたのことをおかしいと思い出します。

愛する彼と一緒にいたい気持ちはよくわかります。

Tiaraも彼と離れたくはありませんでした。

でも、これほど怖い思いをしたことはありません。

とてもじゃないけど、あれ以上彼と一緒にいることは

どんなに好きでもできませんでした。

彼と長年付き合っていても、

結婚をしていても、

彼の病気が治ることはほぼないので、

あなたは、精神が崩壊し、病気になってしまうか、

最悪の場合、自殺まで追い込まれます。

強い精神力をもって

彼に訴えると話し合いは成立せず、彼の怒りを買うことになってしまうので

それこそ怖い思いをします。

いずれにしても

彼が自己愛性人格障害だった場合、

あなたの精神は、彼の自覚なしに徹底的につぶされます

自己愛性人格障害の本人には

それを止めることができません。

助かるためには、被害者のほうから逃げるしか

方法はないんです。

そういった意味では

モラハラは、

自覚のあるいじめよりも

もっと怖いものでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする