モラハラ被害をばねにする

こんにちは♡

今日はモラハラ被害をバネにする

ということについてお話ししたいと思います。

毎日本当にたくさんのモラハラ被害の

ご相談を受けていますが

みなさん大変ショックが大きいです。

そんなことがあるのかと

信じられない気持ちもあるようですし、

自己愛性人格障害のひとが彼だった場合は

あまりの突然の彼の変貌ぶりに

驚いている方も見えますが、

自己愛性人格障害のひとの心理を考えてみると

それが普通なのです。

自己愛性い人格障害のひとは

ずっとそうやって生きてきているので

自分の何がおかしいのか分かりません。

だから普通の人から見てびっくりすることも

彼にとっては普通なのです。

だから被害者にできることは

自己愛性人格障害という共感力を持たない

自分の立場を保つことで必死な人たちがいる、

ということを理解しなければならないのです。

自己愛性人格障害の特徴が

よく理解できていない人は

彼に考え方を変えてもらおうと思って

必死に話し合ったり

お願いしたり、

気持ちを分かってもらおうとしてしまいますが

自己愛性人格障害のひとにとって

他人の気持ちはいっさい理解できません。

自分の気持ちしか分からず

他人がどう感じていようが

辛かろうが悲しかろうが

どうでもいいのです。

これは、自己愛性人格障害のひとにとって

恋人も友人も奥様も自分の子供も同じです。

自分以外はどうでもいいのです。

これは性格が悪いわけではなく

本人も覚えていないほど幼いころに

相当辛い思いをして

共感力を使わないほうが

楽だという生き方を覚えてしまい、

ずっと共感力を使っていないので

人の気持ちが分からなくなってしまったのです。

だから彼を責めることはできません。

そうやって育ってしまい、

共感力以外のほかの部分は使って生きてきていますので

ほかの部分は成長しています。

だから見た目には

普通の大人と何ら変わりはないので

外見上が違いが分からないのですが

それだけでとてもひどいことが

罪悪感なくできてしまうのです。

そのため、世の中のすべての都合を

自分に合わせて生きているため

彼に都合がいいように

世界が回ってしまっています。

だからなぜか、不思議なことに

彼の世界の周りの人は

彼の都合がいいように発言するし

彼の都合のいいように動いてしまったり

彼を絶賛したり彼に意見には反対しない、

という現象が起きてくるのです。

だからとても立派に見える人が多く

素敵なのですが、

極端に彼都合で物事が動いてしまっているだけなのです。

このことを心底分かって物事を見ることができる人は

彼からの被害を直接受けた人だけです。

ようはターゲットなのですが、

臨床心理士など

机上の弁で知識を得た人よりも

はるかに高く実践として学んでいるので

そういった種類の人間がいるということを体感し

誰よりも分かっているのが被害者なのです。

でも、わざわざ

自己愛性人格障害のひとの被害になんて

誰も遭いたくないと思います。

だから普通の人には

理解できなくて当たり前の世界なのですが

意外と身近にたくさんいるので

理不尽な出来事は

毎日いろんなところで起きているのです。

あなたは一度体験しているので

苦しい思いをしたと思いますが、

次からは見抜くことができ、

それなりに対処ができると思います。

だから

一度、自己愛性人格障害のひとの被害に

遭ってしまったことをばねに

今後は自分のことを

本当に思ってくれる人だけを選んで

付き合っていき

あなたの素晴らしい未来を

築いていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする