自分の幸せとは何なのか、考えてみる

こんにちは♡

さて、今日も

自己愛性人格障害のことについて

お話ししますね。

 

自分の彼が病気だと気付いてしまうのは

本当につらいことだと思います。

 

TIaraももし病気でなければ、

彼とずっと一緒にいたと思うし、

いたかったです。

 

でも、

その感覚ですら

おかしいものなのかもしれません。

 

だって本当にひどいことを

されてきたのですから。

自己愛性人格障害の人に対して

腹を立てたり怒ったりしない人は

共依存だといわれています。

 

彼が自分を必要としてくれていることに

満足感を覚えてしまうんです。

それは心の奥底にある自分への

自信のなさからきています。

 

あなたは

そんなこと思ってないかもしれません。

 

でも、なぜいやなことをされているのに

尽くしてしまうんでしょう?

 

彼に嫌われたくないからではないですか?

それは自分よりも

彼中心の考え方になってしまっています。

 

もし、自分の友達が

自分と同じ目にあっているとしましょう。

あなたはその恋を応援してあげられますか?

 

自分の友達ならかわいそうって思うのに

自分のことだとよくわからない。

それって

自分を大事にしてあげていないことになります。

 

自己愛人格障害の人もそうですけど、

でも、共依存症の人もなかなか治らない

いいます。

でも共依存症の人は

自分がつらい思いをしていることに

いつか気づきます。

 

今、悩んでいるあなたが

そうなのではありませんか?

 

もし、気づいたのなら

幸せになれるチャンスだと思ってくださいね。

 

その彼はあなたを幸せにできますか?

もしかしたら、

あなたのことを本当に大切にしてくれる人

あなたを待っているのかもしれません。

 

ここで勇気を出して

彼と離れる準備をしませんか?

 

できたら彼にも

幸せになってもらいたいですけど、

それには本人が気づいて

本人が治したいと思わなければ治りません。

でも彼は自分がそんなことをしているとは

認められない病気なので、

それは難しいかもしれません。

 

でも、あなたは傷ついている自分に気づいたのなら

1歩踏み出してみましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください