なぜ、自己愛性人格障害の人の被害者のほうが悪者になってしまうのか?

こんばんは♡

今日は、なぜか、被害者のほうが、

彼からも周りの人からも悪者になってしまうのか、

その理由について、お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、あなたが何もしていなくても

自分の中の怒りをぶつけるために

あらゆる手を使ってあなたを悪者にします。

そんなことあなたを好きな彼がするはずが、ない、と

思っていますよね。。

常識で考えたら、そんなこと、

嫌いな人にでもめったにしません。

めったにしないことをするのだから、

はた目には、そんなことするわけないので

あなたがきっと何かをしたんだろう、

という印象を持ってしまいます。

そして、そう思ってしまうと

みんな、彼の怒りの理由を不思議に思い、

あなたの悪いところを探し出すのです。

それで、あなたの悪いところを

ちょっとでも結び付けて、あなたが彼からひどいことをされることに

納得しようとします。

納得できないと怖くてたまらないのです。

だから、彼がひどいことをしてきたときに

あなたも理由を探してはいけません。

それをすればするほど、

あなたの悪い理由に納得したくなり、

あなたが悪い理由を周りの人みんなも探し出すのです。

人間は、ひどいことをされたときに

それがひどければひどいほど、

理由を聞きたがります。

それは、理由もないのに

ひどいことをする人がとても怖いのです。

だから、あなたにちょっとでも悪いところを見つけると、

だからか、と納得してほっとしたいのです。

ほら、私が理解できないほど怖いことは起こっていないと。。

だから分かりにくいのです。

それで今のTiaraのように

こんなにもくどい理由をいっしょうけんめい聞くひとなんて

1人もいません。

その上に、自己愛性人格障害は

人に嫌われることは、恐ろしく怖いので

尊大で立派な自分を魅せつけます。

そこで周りの人が

彼がそんな人ではない、と判断してしまうのです。

だから、なんだかわからないけれど、

あなたが悪いほうが、みんな納得して

安心していくのです。

こんなに理不尽な思いをして

傷ついているのに、

まわりの人はみんな、考えるのがめんどくさいのです。

だから、周りの人に分かってもらおうとしても無駄です。

あなたがあなた自身で判断しなければならないのです。

あなたは、何もしていません。

それどころか、自分の悪いところを一生懸命探して

こじつけてでも自分が悪いと思おうとしています。

そして彼を怒らせないように

一生懸命、彼に寄り添っています。

誰にも言わず、そのことを自分で思いだし、

そして、自分は何もしていないことに

自信を持ってください。

あなた自身が自分を信じないと、

あなたはどんどん悪者にされていってしまいます。

周りの人にはどれだけ話しても

ほとんど分かってもらえません。

だからどうしても、彼の分かりにくいやり方に

ぱっと見は分からず、

あなたのほうが悪者になってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする