同じことをしてもなぜか自己愛性人格障害のひとがすると許される

こんばんは♡

今日は、同じことをしても

なぜか自己愛性人格障害のひとがすると

許されるということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていないと

不安になる、というお話をしました。

 

よく見ると、しぐさや発言、

立ち振舞いのすべてにおいて、

ちょっと他人よりもレベルが

上の人間のように行動しています。

 

話し方ひとつにおいても

こうするべきだ、こうでないといけないという話が

とても多いです。

 

常に理想を追っているので

すべてにおいて

ハイグレードに見えますが、

その心の中は

他人に評価してもらいたい気持ちが

とても高いのです。

 

それでいて、ふだんはへり下ることもしないので、

自己愛性人格障害のひとが

とても立派な人に見えるのです。

 

それが魅力的な人物に映り、

憧れる人や

好きになるひとがいても

おかしくありません。

 

はた目には

自尊心が低くて必死で

尊大な自分を演じているようには

とても見えないのです。

 

その心の中の尊大な自分を

魅せつけたい願望は

一貫性があり、

1mmの曇りもないので、

常に自分を立派に魅せることに

無意識に意識していて

とてもこだわりが強く

ぶれない人だという印象を受けます。

 

自己愛性人格障害のひとに

いくら冷たくされても

彼から離れられない人は、

ここの部分に魅力を感じていて

自己愛性人格障害という病気の特徴を

本当に理解するまでに

時間がかかるのです。

 

常識でみると

わざわざそんなことをしている人間がいるとは、

思えないからです。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の元カレを

ずっと見てきたから分かるのですが、

元カレと出会う以前にそんなことを聞いたとしても、

そんなことあるわけないと

思っていたでしょう。

 

でも、

自己愛性人格障害の被害に遭った人は、

本当にそんなことをしている人間がいると、

肌で感じることができると思います。

自己愛性人格障害の特徴を知る前は、

彼がなにをしているのか分からなくて

理不尽な扱いに、

自分のことを好きなひとが、

なぜこんなことをするのか

理解に苦しんでいました。

 

自分がとんでもなく

彼を苛立たせたか

Tiaraが普通にしているつもりでも

彼はものすごく品がいいので、

普通にしていることにも

腹がたって仕方がないのだろうと

思っていました。

 

そんな理不尽なことをされているのに

彼を責めたことがなかったのです。

 

考えてみれば不思議です。

会社でも、

他のひとが自己愛性人格障害の人と同じ事をすれば、

間違いなく怒られるか、

誰も口を聞いてくれなくなるくらいひどいことも、

なぜか自己愛性人格障害の人がすると、

誰もなにも言わないのです。

 

自己愛性人格障害の彼と付き合っているとき

Tiaraの彼が仕事ができるから

仕事のできる人には、

少々のことがあっても

誰もなにも言わないんだな、

と思っていました。

 

子供たちにも

仕事ができると

仕事において信頼があるから

少しくらい休んだり、他事をしていても

ちょっとしたことでは言われなくなるんだよ

と話していました。

 

子供たちもすごい!

と彼を尊敬していました。

 

でも違うのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

怒りかたがとても怖いです。

 

物静かな話し方をしても

なぜかとても恐ろしいほどの

怖さを感じます。

 

今、Tiaraのそばにいる

自己愛性人格障害の人の周りの人を

みていても思うのですが、

人は正しいことや優しい人の言うことを聞くのではなく、

怖い人やちょっとめんどくさいな、

と思う人にはなにも言わないのです。

 

そのあとこじれるのが

めんどくさいのです。

 

でもちょっと言いやすい人や

少しくらいのことで

怒らない優しい人には

結構言いたいことを言っている人がいます。

 

自己愛性人格障害ではなくても

ちょっとイライラしたときや

忙しい時に

おとなしい人に八つ当たりしている人は

結構見かけます。

 

もちろん

仕事ができて尊敬しているから

なにも言わない、ということもあると思いますが

同時に怒らせるとめんどくさい人にも

何も言わないのです。

 

だからちょっと怖い人のほうが

やりやすかったりします。

 

これは、

自己愛性人格障害の人を

よく観察しているので

気づいた特徴の1つでした。

 

世の中はきれいごとだけではできていません。

 

ましてや相手のことが好きで

自分が嫌われたくないなら

余計言いたいことを言えなくなるかもしれません。

 

 

そんな時、よく考えてみて下さい。

 

あなたの見ているその人は

本当に尊敬されるようなことを

しているのか。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとに

魅力を感じていたから

わからなかったのです。

 

このことに気づいている人も

いるのではないでしょうか?

 

 

被害者になるような人は

気づいていません。

 

自分がわざわざ傷つけられるような事を

されていないかよく考えてみてください。

 

世の中、

きれいごとだけでは真実に気づけないことも

あるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください